☆自衛隊小説『メディック!』連載中です! ☆初回25分無料セッションも実施中!

メディック!第1章 表紙

小説『メディック!』

2021/5/12

#05 小説『メディック!』【第1章】1-4 俺×由良 夢のカケラ

第1章 俺×由良 夢のカケラ 1-4 前回のお話を読む(#04 第1章 1-3へ)第1章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  その夜。  家に帰ると、飼い猫が飯欲しさにすり寄ってきた。  しかし、勇登は「ニャー、今忙しいんだよ。後でな」といって三毛柄の彼女をなでながら引き離すと、すぐに文集探しをはじめた。自分の部屋、リビングの本棚、思い当たる場所は全部探したが、一向に見つからなかった。  途方に暮れた勇登は、家主に電話することにした。着信履歴から志島由良(しじまゆら)の名前を探す。 「はい、 ...

ReadMore

メディック!第1章 表紙

小説『メディック!』

2021/5/12

#04 小説『メディック!』【第1章】1-3 俺×由良 夢のカケラ

第1章 俺×由良 夢のカケラ  前回のお話を読む(#03 第1章 1-2へ)第1章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ)  店に連れてこられた勇登は、はじめキョロキョロと店の中を観察していたが、目の前に皿が置かれると「すげえ」といって目を輝かせた。  ナオは勇登の向かいの席に腰かけて「うまい、うまい」といって、レバニラとご飯を交互に食べる彼を見ていた。自分が作ったわけでもないのに、不思議と嬉しくなった。  店はもともと祖母がはじめて、祖母と母で経営していた。これまでは、店でレバニラを出していることが ...

ReadMore

メディック!第1章 表紙

小説『メディック!』

2021/4/28

#03 小説『メディック!』【第1章】1-2 俺×由良 夢のカケラ

第1章 俺×由良 夢のカケラ  前回のお話を読む(#02 第1章 1-1へ)第1章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  ナオは勇登が帰った後、彼が平らげたレバニラの食器を片付けながら、勇登とはじめて会話した日を思い出して、クスリと笑った。  あの日、スーパーの総菜売り場の前で首をかしげている勇登を、ナオはしばらく遠目に見ていた。  ナオはその年高校に入ったばかりで、彼はクラスメイトのひとりだった。  高校に入学すると新しい人間関係がはじまり、中学までの歴史は一旦リセットされる。お互い目には見 ...

ReadMore

その後のご報告 Fromクライアントさま

その後のご報告 Fromクライアントさま

クライアントさまから「プロポーズされた」というご報告を頂きました!

2021/2/23  

こんにちは。コーチ・カウンセラーの和泉りょう香です。先日、以前継続セッションを受けて頂いたHさまから、その後の嬉しいご報告を頂きました! ・-- --・- ・・ ・--・- ☆・-- ---・- ・・ ...

© 2021 和泉りょう香