☆自衛隊小説『メディック!』連載中です! ☆初回25分無料セッションも実施中!

メディック!第1章 表紙

小説『メディック!』

2021/5/12

#05 小説『メディック!』【第1章】1-4 俺×由良 夢のカケラ

第1章 俺×由良 夢のカケラ 1-4 前回のお話を読む(#04 第1章 1-3へ)第1章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  その夜。  家に帰ると、飼い猫が飯欲しさにすり寄ってきた。  しかし、勇登は「ニャー、今忙しいんだよ。後でな」といって三毛柄の彼女をなでながら引き離すと、すぐに文集探しをはじめた。自分の部屋、リビングの本棚、思い当たる場所は全部探したが、一向に見つからなかった。  途方に暮れた勇登は、家主に電話することにした。着信履歴から志島由良(しじまゆら)の名前を探す。 「はい、 ...

ReadMore

メディック!第1章 表紙

小説『メディック!』

2021/5/12

#04 小説『メディック!』【第1章】1-3 俺×由良 夢のカケラ

第1章 俺×由良 夢のカケラ  前回のお話を読む(#03 第1章 1-2へ)第1章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ)  店に連れてこられた勇登は、はじめキョロキョロと店の中を観察していたが、目の前に皿が置かれると「すげえ」といって目を輝かせた。  ナオは勇登の向かいの席に腰かけて「うまい、うまい」といって、レバニラとご飯を交互に食べる彼を見ていた。自分が作ったわけでもないのに、不思議と嬉しくなった。  店はもともと祖母がはじめて、祖母と母で経営していた。これまでは、店でレバニラを出していることが ...

ReadMore

メディック!第1章 表紙

小説『メディック!』

2021/4/28

#03 小説『メディック!』【第1章】1-2 俺×由良 夢のカケラ

第1章 俺×由良 夢のカケラ  前回のお話を読む(#02 第1章 1-1へ)第1章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  ナオは勇登が帰った後、彼が平らげたレバニラの食器を片付けながら、勇登とはじめて会話した日を思い出して、クスリと笑った。  あの日、スーパーの総菜売り場の前で首をかしげている勇登を、ナオはしばらく遠目に見ていた。  ナオはその年高校に入ったばかりで、彼はクラスメイトのひとりだった。  高校に入学すると新しい人間関係がはじまり、中学までの歴史は一旦リセットされる。お互い目には見 ...

ReadMore

小説『メディック!』について

メディック! 目次

~航空救難員の物語~

プロローグ

第1章 俺×由良 夢のカケラ  

最新話はこちらから ≫


小説『メディック!』について

本日2021.4.7から小説『メディック!』を連載していきます!

この物語は、航空救難員(通称メディック)を目指して奮闘する男性の物語です。
メディックについての説明は作中でだんだん出てきますので、是非ご覧ください^^

これから毎週連載していきます!

救難員という仕事は、カウンセラーとよく似ている部分があると思います。
人を救う方法は違えど、根底にある『救いたい』という本質的な部分は同じだと思うからです。

この作品は『(本来の自分+取り戻す+仲間)×成長=新たな自分になっていく』をテーマに、優しさ、強さ、弱さ、葛藤、同期愛などの内面を丁寧に描きました。

それそれの登場人物の想いが、皆さまの心に届きますように……。


作品を掲載するまでの私のこと

今後、毎週連載していきますが、物語の続きが浮かばず突然静かになる(笑)
なんてことはないので安心してください。というのも実はこれは2016~17年に書いた作品だからです。

今日までだいぶ時間が経っているのは、実は作品を書いた後、色んな事が上手くいかず、私のメンタルが乱高下(笑)して弱ってしまったからです。それまで私は『自分は強い』と思っていました。けど紆余曲曲折ある中で、それは『弱いと思われる要素を押し込んで、強く見せようとしているだけだった』と気がつかされました。
私は自分の弱い部分を無意識に隠していました。それはきっと、弱い私はダメだと思っていたし見たくなかったから。そこには、実はよわよわで豆腐のようなメンタルを隠すために、ずっと鎧を着ていた私がいました。

それから、自分の中から湧き出てきた問題に、向き合ったり、離れたり、止まったり、進んだりを繰り返しました。考え過ぎる性格ゆえ時間がかかりましたが、その結果、段々と自分の弱い部分や上手くいかないことも認められるようになり、鎧着っぱなしから自由に脱着できる位になりました。そしたら気持ちがかなり楽になりました。過去の私はちょっと自分に厳し過ぎたみたいです(笑)。
今では自分の弱い部分もきちんと認めることが強さに繋がると思っています。
もちろん、まだまだな部分もありますが^^

かなり時間が経ってしまったけれど(いつのまにか女子の制服変わってるし?!)、今こうして動けていることを嬉しく思います。
とにかくゆっくりペースな私ですが、それでも進めている自分を認め、労いながらこれからも一歩ずつ踏み出していきたいです。

今後の活動共々、応援して頂けたら嬉しいです。

和泉りょう香(いずみん)

2021年4月7日

© 2021 和泉りょう香