☆自衛隊小説『メディック!』連載中です! ☆初回25分無料セッションも実施中!

小説『メディック!』

2021/7/21

#15『メディック!』【第2章】 2-6 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-6 前回のお話を読む(#14 第2章 2-5へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  救難員課程の試験が終わって数カ月が経っていた。  毎日午後3時位になると、勇登はひとりそわそわしていた。今日あたり合格者への通知がくるかもしれないと思ってしまうからだ。受かっていない確率の方が高かったが、結果を見るまではわからない。試験が終わってからも、勇登はこれまで自分に課していたトレーニングを、やめることはなかった。  合格発表というのは、どうしてこんなに緊張するのだ ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/7/21

#14『メディック!』【第2章】 2-5 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-5 前回のお話を読む(#13 第2章 2-4へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  全ての試験を終えた勇登は、部隊に持ち帰るお土産を買うためにBXにきていた。最後の課目は目標に届かなかったが、不思議と気分は清々しかった。 「よお、ヒーロー」 後ろからそうささやかれ、勇登は嫌々振り返った。 一番会いたくない奴、ジョンだった。 勇登は彼を無視して再びお菓子のパッケージに向き合った。しかし、ジョンはそんなことお構いなしで話を続けた。 「でも、お前は合格できない ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/7/14

#13『メディック!』【第2章】 2-4 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-4 前回のお話を読む(#12 第2章 2-3へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  ――3日目、体力測定、泳力測定。  雲一つない空の下、勇登が握力でジョンと張り合っていると、後ろからひときわ大きな声援が聞こえた。 「8、9、10、よし、あと2回!」 懸垂場所では、周りの受験者が懸垂する亜希央を応援していた。 懸垂の合格最低ラインは12回。女性自衛官も体力的には普通の女子が多い。しかし、彼女は細身ながらも無駄のない鍛え上げられた肉体をしていた。それに、W ...

ReadMore

小説『メディック!』について

メディック! 目次

~航空救難員の物語~

プロローグ

第1章 俺×由良 夢のカケラ  

第2章 俺×受験者 救助

最新話はこちらから ≫(2020.7.21最新版)

第3章 俺×同期 はじまりの予感

第4章 俺×教官 メディックの種

第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期

第6章 ナオ×美夏 セラピスト

第7章 俺×母 降臨

第8章 (俺×オレ)+(ジョン×五郎) 限界の先にいた仲間  

第9章 俺×恋 変化

第10章 (剣山×子猫)+俺  思い出

第11章 俺×雪山 願い

第12章 俺×五郎 判断

第13章 五郎×俺 残された仲間

第14章 俺×ナオ 反省

第15章 俺×仲間 目的が同じ道


小説『メディック!』について

本日2021.4.7から小説『メディック!』を連載していきます!

この物語は、航空救難員(通称メディック)を目指して奮闘する男性の物語です。
メディックについての説明は作中でだんだん出てきますので、是非ご覧ください^^

これから毎週連載していきます!

救難員という仕事は、カウンセラーとよく似ている部分があると思います。
人を救う方法は違えど、根底にある『救いたい』という本質的な部分は同じだと思うからです。

この作品は『(本来の自分+取り戻す+仲間)×成長=新たな自分になっていく』をテーマに、優しさ、強さ、弱さ、葛藤、同期愛などの内面を丁寧に描きました。

それそれの登場人物の想いが、皆さまの心に届きますように……。


作品を掲載するまでの私のこと

今後、毎週連載していきますが、物語の続きが浮かばず突然静かになる(笑)
なんてことはないので安心してください。というのも実はこれは2016~17年に書いた作品だからです。

今日までだいぶ時間が経っているのは、実は作品を書いた後、色んな事が上手くいかず、私のメンタルが乱高下(笑)して弱ってしまったからです。それまで私は『自分は強い』と思っていました。けど紆余曲曲折ある中で、それは『弱いと思われる要素を押し込んで、強く見せようとしているだけだった』と気がつかされました。
私は自分の弱い部分を無意識に隠していました。それはきっと、弱い私はダメだと思っていたし見たくなかったから。そこには、実はよわよわで豆腐のようなメンタルを隠すために、ずっと鎧を着ていた私がいました。

それから、自分の中から湧き出てきた問題に、向き合ったり、離れたり、止まったり、進んだりを繰り返しました。考え過ぎる性格ゆえ時間がかかりましたが、その結果、段々と自分の弱い部分や上手くいかないことも認められるようになり、鎧着っぱなしから自由に脱着できる位になりました。そしたら気持ちがかなり楽になりました。過去の私はちょっと自分に厳し過ぎたみたいです(笑)。
今では自分の弱い部分もきちんと認めることが強さに繋がると思っています。
もちろん、まだまだな部分もありますが^^

かなり時間が経ってしまったけれど(いつのまにか女子の制服変わってるし?!)、今こうして動けていることを嬉しく思います。
とにかくゆっくりペースな私ですが、それでも進めている自分を認め、労いながらこれからも一歩ずつ踏み出していきたいです。

今後の活動共々、応援して頂けたら嬉しいです。

和泉りょう香(いずみん)

2021年4月7日

© 2021 和泉りょう香