☆初回60分無料セッション受付中です! ☆自衛隊小説『メディック!』連載中! 

小説『メディック!』

2021/12/8

#34『メディック!』【第7章】 7-1 俺×母 降臨

第7章 俺×母 降臨 7-1 前回のお話を読む(#33第6章 6-5へ)第7章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) 第7章 俺×母 降臨  宗次が折り入って話があるというので、休日勇登は彼を喫茶PJに連れて来た。宗次もPJという名前に反応したが、意味は不明というとがっかりした。 勇登はいつものカウンターではなく、テーブル席に宗次と座った。 「俺、やばいかも」 宗次は開口一番そういった。  「なにが?」  宗次は辺りをキョロキョロと確認した。「……浅井さんのこと、好きになったかも」 「えぇ!あの男女 ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/12/8

#33『メディック!』【第6章】 6-5 ナオ×美夏 セラピスト

第6章 ナオ×美夏 セラピスト 6-5 前回のお話を読む(#32第6章 6-4へ)第6章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  翌日。  ナオは勇登に電話した。ナオは昨晩の『志島勇登について語る会(主に悪口)』が気に入ったらしく、美夏はしばらく泊めてもらえることになったからだ。 「勇登のやつ、たまに電話でなかったりするんだよね」 ナオは、またか、という顔をしていった。 「電話に気づかないなんて、ありえないわ」「そうなの?」 「自衛官は基本24時間勤務なの。呼集がかかれば、即呼ばれるの。だから、 ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/12/1

#32『メディック!』【第6章】 6-4 ナオ×美夏 セラピスト

第6章 ナオ×美夏 セラピスト 6-4 前回のお話を読む(#31第6章 6-3へ)第6章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  その夜。 美夏が風呂からあがると、氷水が用意されていた。 「そういえば、パイロット目指してるんだよね。さっきは墜落とかいってごめんね」  美夏はナオがそんなことまで気にしてくれたのかと驚いた。 勇登に連れられてここに来たときは、歓迎されてない気がして少し怖かったが、本当は優し人なんだ、と美夏は思った。 「いえ、大丈夫です。小学生の頃私が、墜落が怖い、っていったら志島君 ...

ReadMore

小説『メディック!』について

メディック! 目次

~航空救難員の物語~

プロローグ

第1章 俺×由良 夢のカケラ  

第2章 俺×受験者 救助

第3章 俺×同期 はじまりの予感

第4章 俺×教官 メディックの種

第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期

第6章 ナオ×美夏 セラピスト

第7章 俺×母 降臨

最新話はこちらから ≫(2021.12.8最新版)

第7章 俺×母 降臨

第8章 (俺×オレ)+(ジョン×五郎) 限界の先にいた仲間  

第9章 俺×恋 変化

第10章 (剣山×子猫)+俺  思い出

第11章 俺×雪山 願い

第12章 俺×五郎 判断

第13章 五郎×俺 残された仲間

第14章 俺×ナオ 反省

第15章 俺×仲間 目的が同じ道


小説『メディック!』について

本日2021.4.7から小説『メディック!』を連載していきます!

この物語は、航空救難員(通称メディック)を目指して奮闘する男性の物語です。
メディックについての説明は作中でだんだん出てきますので、是非ご覧ください^^

これから毎週連載していきます!

救難員という仕事は、カウンセラーとよく似ている部分があると思います。
人を救う方法は違えど、根底にある『救いたい』という本質的な部分は同じだと思うからです。

この作品は『(本来の自分+取り戻す+仲間)×成長=新たな自分になっていく』をテーマに、優しさ、強さ、弱さ、葛藤、同期愛などの内面を丁寧に描きました。

それそれの登場人物の想いが、皆さまの心に届きますように……。


作品を掲載するまでの私のこと

今後、毎週連載していきますが、物語の続きが浮かばず突然静かになる(笑)
なんてことはないので安心してください。というのも実はこれは2016~17年に書いた作品だからです。

今日までだいぶ時間が経っているのは、実は作品を書いた後、色んな事が上手くいかず、私のメンタルが乱高下(笑)して弱ってしまったからです。それまで私は『自分は強い』と思っていました。けど紆余曲曲折ある中で、それは『弱いと思われる要素を押し込んで、強く見せようとしているだけだった』と気がつかされました。
私は自分の弱い部分を無意識に隠していました。それはきっと、弱い私はダメだと思っていたし見たくなかったから。そこには、実はよわよわで豆腐のようなメンタルを隠すために、ずっと鎧を着ていた私がいました。

それから、自分の中から湧き出てきた問題に、向き合ったり、離れたり、止まったり、進んだりを繰り返しました。考え過ぎる性格ゆえ時間がかかりましたが、その結果、段々と自分の弱い部分や上手くいかないことも認められるようになり、鎧着っぱなしから自由に脱着できる位になりました。そしたら気持ちがかなり楽になりました。過去の私はちょっと自分に厳し過ぎたみたいです(笑)。
今では自分の弱い部分もきちんと認めることが強さに繋がると思っています。
もちろん、まだまだな部分もありますが^^

かなり時間が経ってしまったけれど(いつのまにか女子の制服変わってるし?!)、今こうして動けていることを嬉しく思います。
とにかくゆっくりペースな私ですが、それでも進めている自分を認め、労いながらこれからも一歩ずつ踏み出していきたいです。

今後の活動共々、応援して頂けたら嬉しいです。

和泉りょう香(いずみん)

2021年4月7日

© 2021 和泉りょう香