☆自衛隊小説『メディック!』連載中です! ☆初回25分無料セッションも実施中!

小説『メディック!』

2021/7/21

#15『メディック!』【第2章】 2-6 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-6 前回のお話を読む(#14 第2章 2-5へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  救難員課程の試験が終わって数カ月が経っていた。  毎日午後3時位になると、勇登はひとりそわそわしていた。今日あたり合格者への通知がくるかもしれないと思ってしまうからだ。受かっていない確率の方が高かったが、結果を見るまではわからない。試験が終わってからも、勇登はこれまで自分に課していたトレーニングを、やめることはなかった。  合格発表というのは、どうしてこんなに緊張するのだ ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/7/21

#14『メディック!』【第2章】 2-5 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-5 前回のお話を読む(#13 第2章 2-4へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  全ての試験を終えた勇登は、部隊に持ち帰るお土産を買うためにBXにきていた。最後の課目は目標に届かなかったが、不思議と気分は清々しかった。 「よお、ヒーロー」 後ろからそうささやかれ、勇登は嫌々振り返った。 一番会いたくない奴、ジョンだった。 勇登は彼を無視して再びお菓子のパッケージに向き合った。しかし、ジョンはそんなことお構いなしで話を続けた。 「でも、お前は合格できない ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/7/14

#13『メディック!』【第2章】 2-4 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-4 前回のお話を読む(#12 第2章 2-3へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  ――3日目、体力測定、泳力測定。  雲一つない空の下、勇登が握力でジョンと張り合っていると、後ろからひときわ大きな声援が聞こえた。 「8、9、10、よし、あと2回!」 懸垂場所では、周りの受験者が懸垂する亜希央を応援していた。 懸垂の合格最低ラインは12回。女性自衛官も体力的には普通の女子が多い。しかし、彼女は細身ながらも無駄のない鍛え上げられた肉体をしていた。それに、W ...

ReadMore

アナザーストーリー

アナザーストーリー

ここぞ、という時に止まる癖、一歩足を後ろに引く癖。

2020/6/20  

それはいつもの癖で、自分でも気づいてる。 一歩後ろに下がると、不安が和らぐ。だから、うっかり下がっちゃう。 もう一歩下がると、恐怖が消える。そして、私は心地いい場に居続ける。 それも仕方ない。だって、 ...

アナザーストーリー

赤ちゃんを見ていると、自分は愛されていたと思わざるを得ない。

2020/5/16  

――ある休日。赤ちゃんが泣くと、母親がやってきてその子を抱き上げた。その子はミルクを与えられ、ご機嫌になった。暫くすると、また、赤ちゃんが泣きはじめた。今度は父親が少し面倒くさそうにやってきて、おむつ ...

アナザーストーリー

人間関係嫌いなのは、人好きだから

2020/5/10  

人と話すのは面倒くさい。相手を気遣いすぎて、その為に考え過ぎて疲れてしまうから。だから、人に会いたくない。 と思っているとしたら、あなたは人間が大好きな可能性がある。 目の前に大好きな人がいると思って ...

アナザーストーリー

私はだあれ

2020/5/3  

大人になっていく過程で、要領よくなりすぎて、どうしたらうまくいくか、どうしたら相手に嫌な思いをさせないで済むか、そんなことばかり、考えて、優先して。 相手の気持ちが先、自分の気持ちは後。自分の感情はい ...

© 2021 和泉りょう香