☆自衛隊小説『メディック!』連載中です! ☆初回25分無料セッションも実施中!

小説『メディック!』

2021/7/21

#15『メディック!』【第2章】 2-6 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-6 前回のお話を読む(#14 第2章 2-5へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  救難員課程の試験が終わって数カ月が経っていた。  毎日午後3時位になると、勇登はひとりそわそわしていた。今日あたり合格者への通知がくるかもしれないと思ってしまうからだ。受かっていない確率の方が高かったが、結果を見るまではわからない。試験が終わってからも、勇登はこれまで自分に課していたトレーニングを、やめることはなかった。  合格発表というのは、どうしてこんなに緊張するのだ ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/7/21

#14『メディック!』【第2章】 2-5 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-5 前回のお話を読む(#13 第2章 2-4へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  全ての試験を終えた勇登は、部隊に持ち帰るお土産を買うためにBXにきていた。最後の課目は目標に届かなかったが、不思議と気分は清々しかった。 「よお、ヒーロー」 後ろからそうささやかれ、勇登は嫌々振り返った。 一番会いたくない奴、ジョンだった。 勇登は彼を無視して再びお菓子のパッケージに向き合った。しかし、ジョンはそんなことお構いなしで話を続けた。 「でも、お前は合格できない ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/7/14

#13『メディック!』【第2章】 2-4 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-4 前回のお話を読む(#12 第2章 2-3へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  ――3日目、体力測定、泳力測定。  雲一つない空の下、勇登が握力でジョンと張り合っていると、後ろからひときわ大きな声援が聞こえた。 「8、9、10、よし、あと2回!」 懸垂場所では、周りの受験者が懸垂する亜希央を応援していた。 懸垂の合格最低ラインは12回。女性自衛官も体力的には普通の女子が多い。しかし、彼女は細身ながらも無駄のない鍛え上げられた肉体をしていた。それに、W ...

ReadMore

「Zoom」の使い方

Zoomアプリの事前準備

iphone zoom

iphoneでZoomを使う場合

「App Store」から「検索」→「zoom」と入力。
「ZOOM Cloud Meetings」を入手します。

ダウンロードしたアプリを開いて、この画面が表示されたら完了です。

☆登録など(サインアップ、サインイン)する必要は、一切ありません。

セッション当日にすること

①事前に送られた「セッションについての詳細」が書かれたメールを開く

☆メールに記載されているURLをクリックすると、自動的にZoomアプリが起動します。

☆お名前の入力画面がでたら、お名前を記入して下さい。

②この画面が表示されたら、開始のお時間になるまで、暫くお待ちください。

☆「オーディオに参加してください」という表示が出た場合は、『インターネットを使用した通話』を選択して下さい。

③セッションが開始されます。

☆円形のボタンを押すことで、マイクの「ON」「OFF」が行えます。

☆スピーカーをご使用にならない場合は、イヤホンをお使い頂くと電話に近い形でお話頂けます。(左上の音声表示で切り替えできます)

☆ビデオは常に停止となります。安心してご接続下さい。

終了後は、右上の「退出」ボタンを押してください。

※パソコンをご利用の方は次ページをご覧ください。

次のページへ >

© 2021 和泉りょう香