☆自衛隊小説『メディック!』連載中です! ☆初回25分無料セッションも実施中!

小説『メディック!』

2021/7/21

#15『メディック!』【第2章】 2-6 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-6 前回のお話を読む(#14 第2章 2-5へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  救難員課程の試験が終わって数カ月が経っていた。  毎日午後3時位になると、勇登はひとりそわそわしていた。今日あたり合格者への通知がくるかもしれないと思ってしまうからだ。受かっていない確率の方が高かったが、結果を見るまではわからない。試験が終わってからも、勇登はこれまで自分に課していたトレーニングを、やめることはなかった。  合格発表というのは、どうしてこんなに緊張するのだ ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/7/21

#14『メディック!』【第2章】 2-5 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-5 前回のお話を読む(#13 第2章 2-4へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  全ての試験を終えた勇登は、部隊に持ち帰るお土産を買うためにBXにきていた。最後の課目は目標に届かなかったが、不思議と気分は清々しかった。 「よお、ヒーロー」 後ろからそうささやかれ、勇登は嫌々振り返った。 一番会いたくない奴、ジョンだった。 勇登は彼を無視して再びお菓子のパッケージに向き合った。しかし、ジョンはそんなことお構いなしで話を続けた。 「でも、お前は合格できない ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/7/14

#13『メディック!』【第2章】 2-4 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-4 前回のお話を読む(#12 第2章 2-3へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  ――3日目、体力測定、泳力測定。  雲一つない空の下、勇登が握力でジョンと張り合っていると、後ろからひときわ大きな声援が聞こえた。 「8、9、10、よし、あと2回!」 懸垂場所では、周りの受験者が懸垂する亜希央を応援していた。 懸垂の合格最低ラインは12回。女性自衛官も体力的には普通の女子が多い。しかし、彼女は細身ながらも無駄のない鍛え上げられた肉体をしていた。それに、W ...

ReadMore

プライバシーポリシー

基本方針
当サイトでは安心してサービスをご利用頂くため、提供を受けた個人情報を厳正に管理保管し、細心の注意を払って取り扱っております。

1.はじめに
このプライバシーポリシーは、当サイトがお客様からお預かりする個人情報の取扱いについて説明させていただくものです。当サイトのサービス・商品を利用いただくにあたっては、このプライバシーポリシーをよくお読みください。お客様が当サイトの提供するサービス・商品を利用された場合、このプライバシーポリシーに同意いただいたものとみなします。

2.適切な取得
当サイトでは、各種サービスを利用されるにあたり、個人情報をお伺いする場合があります。これらの情報は、個人情報を収集利用する目的に従って適法かつ公正な手段により収集されます。

3.個人情報の利用目的
当サイトが個人情報を収集または利用する目的は以下のとおりです。
(1) サービス・商品の提供に関する連絡
(2) サービス・商品に関する情報の提供
(3) 当サイトのサービス等に関するアンケートの実施
(4) 問い合わせ、依頼等への対応

4.情報の第三者への開示
当サイトは、次のいずれかに該当する場合以外は、お客様の同意なく個人情報を第三者に開示または提供することはありません。
(1) お客様ご本人の同意がある場合
(2) 法令により情報の開示、提供が求められた場合
(3) 人の生命、身体または財産の保護のために必要があると当サイト管理人が判断した場合
(4) 国または地方公共団体等が公的な事務を実施するうえで、協力する必要がある場合であって、必要があると当サイト管理人が判断した場合

5.プライバシーポリシーの変更
当サイトのプライバシーポリシーは、変更させて頂くことがございます。個人情報のご提供前に、プライバシーポリシーをご確認ください。

2020年3月6日

© 2021 和泉りょう香