☆初回60分無料セッション受付中です! ☆自衛隊小説『メディック!』連載中! 

小説『メディック!』

2021/9/15

#22『メディック!』【第5章】 5-1 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期

第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期 5-1 前回のお話を読む(#21第4章 4-3へ)第5章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) 第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期  水面を見上げると、自分の鼻から漏れた息が円になって水面にあがっていくのが見えた。 力を振り絞って足裏で水を蹴る。 プールサイドに立つ数人の人影は、水のフィルターを通して歪んで見えた。 水面に近づいた瞬間、何か棒のようなもので押されて再び水中に返された。 遥か下にある底を見ると、暗い海の底に引きずり込まれる感覚にな ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/9/15

#21『メディック!』【第4章】 4-3 俺×教官 メディックの種

第4章 俺×教官 メディックの種 4-3 前回のお話を読む(#20第4章 4-2へ)第4章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ)  その夜。  吉海の音頭で4枚目の写真を撮ることになった。入校式を記念しての写真だ。  今回は全員飛行服と決まった。飛行服は、搭乗員にしか支給されない。OD色のツナギで首から股下まで延びる銀のファスナー、ウエストの両サイドはマジックテープになっており、自分のサイズに合わせて調節が可能だ。腿の当たりにはメモをはさめるクリップ。ズボン部分の裾もファスナーで開け閉めができ、飛行 ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/9/8

#20『メディック!』【第4章】 4-2 俺×教官 メディックの種

第4章 俺×教官 メディックの種 4-2 前回のお話を読む(#19 第4章 4-1へ)第4章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  ――7月。  突き抜けるような晴天が夏の訪れを感じさせる日、小牧基地で救難員課程の入校式が実施された。  勇登が救難教育隊に転属してもう5カ月となるが、ここからが本当のスタートといってもいい。入校式を終えれば、そこから24週間の過酷な訓練を乗り越えなければならない。UH-60Jでの落下傘降下を含めた飛行実習、夏季山岳実習、海上総合実習、そして最後に、冬季山岳実習を ...

ReadMore

メディック! ~プロローグ~

メディック!プロローグ 表紙

プロローグ

 物心ついた頃から、引っ越しばかりしていた。

 両親が航空自衛官という環境は、幸か不幸か俺に多量の経験をもたらした。

 救難員の父と総務幹部の母は、結婚してからの殆どの期間、別々に暮らしていた。というのも航空自衛官に転勤はつきもので、空曹である父は7、8年、幹部である母は2、3年に一回のペースで引っ越す必要があった。

 父の仕事は突発的な任務が多いという理由で、俺は母について全国の官舎を渡り歩いた。いつの間にか、毎朝基地から漏れ聞こえる起床ラッパの数秒前に起きれるようになった。母に「あんたはもう自衛官ね」などといわれ、得意げになったものだ。

 俺にとって母親は、最強な上に最恐、聡明でよく笑い、いつもそばにいるのが当たり前な人だった。しかし、父と一緒に住んだのは、母の育児休暇期間中の3年間と、父と母が同じ静岡県の浜松基地に配属になった小学4~6年の約3年間だけだった。

 俺にとって父親は、小3までは2、3ヵ月に一度会うのが楽しみな人、小4からはそばにいて毎日を楽しくしてくれる人。そして、中1からは会いたくても会えない人になった。

 その頃だったと思う。
 俺は心の中にあった大切なカケラをなくした。
 それは、既に完成していたパズルのピースを、一つ失くしてしまった感覚に似ていた。
 でも、俺はそれを探そうとはしなかった。

 それがなくても生きていけるし、なによりも、そうすることで

 誰も傷つかずに済むのだから――。

つづく


☆用語解説

空曹(くうそう):航空自衛隊の階級。階級は大きく分けて幹部、空曹、空士がある。空曹には空曹長、1等空曹、2等空曹、3等空曹がある。


※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、組織、名称とは一切関係ありません。

メディック!を最初から読む 

目次を見る

2021年4月7日

© 2021 和泉りょう香