☆初回60分無料セッション受付中です! ☆自衛隊小説『メディック!』連載中! 

小説『メディック!』

2021/10/20

#27『メディック!』【第5章】 5-6 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期

第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期 5-6 前回のお話を読む(#26第5章 5-5へ)第5章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) 「な、あいつ!」 飛び出しかけた勇登の腕を誰かが引いた。 振り返ると、そこには五郎がいた。 *  宗次は自分が飛び込んでいることに気づいた。  ――本当は諦めたくなかった。だから、プールに戻ってきた。  どうしてか水中ではすべてが鮮明に見え、これまでとは違う景色がそこに広がっていた。考えなくても身体は勝手に動いて、この後の動きも全てわかっていた。 深いプールの ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/10/20

#26『メディック!』【第5章】 5-5 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期

第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期 5-5 前回のお話を読む(#25第5章 5-4へ)第5章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  訓練終了後の教官室では、宗次の件が議題になっていた。 武造からことの詳細をきいた五郎は、もうしばらく様子を見る、という決断をして本日は解散となった。  武造は小さく息をついた。 今回先輩教官の補佐を受けながら、自分が水難救助訓練をメインで担当している。責任ある仕事だ。 ここ数日、頭には常に宗次のことが張り付いている。 寝ても覚めても彼のこと。 はっきりい ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/10/13

#25『メディック!』【第5章】 5-4 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期

第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期 5-4 前回のお話を読む(#24第5章 5-3へ)第5章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  その夜、ベッドに横たわった宗次は、真っ暗な天井を見つめていた。あの後訓練に戻ったが、座学の授業だったので、プールに入ることはなかった。  酸素ポンべを使った訓練は、お互いの信用があってはじめて成り立つ訓練だ。 プールの角から次の角に移動するとき、前にいた人が譲ってくれると信じれるから、今いるボンベを離れることができるのだ。 昔プールでいじめられたとき、奴 ...

ReadMore

日別アーカイブ:2021年08月04日

小説『メディック!』

#16『メディック!』【第3章】 3-1 俺×同期 はじまりの予感

2021/8/25    , ,

第3章 俺×同期 はじまりの予感 3-1 前回のお話を読む(#15 第2章 2-6へ)第3章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) 第3章 俺×同期 はじまりの予感  年を越した2月初旬。  勇 ...

© 2021 和泉りょう香