☆初回60分無料セッション受付中です! ☆自衛隊小説『メディック!』連載中! 

小説『メディック!』

2021/12/8

#34『メディック!』【第7章】 7-1 俺×母 降臨

第7章 俺×母 降臨 7-1 前回のお話を読む(#33第6章 6-5へ)第7章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) 第7章 俺×母 降臨  宗次が折り入って話があるというので、休日勇登は彼を喫茶PJに連れて来た。宗次もPJという名前に反応したが、意味は不明というとがっかりした。 勇登はいつものカウンターではなく、テーブル席に宗次と座った。 「俺、やばいかも」 宗次は開口一番そういった。  「なにが?」  宗次は辺りをキョロキョロと確認した。「……浅井さんのこと、好きになったかも」 「えぇ!あの男女 ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/12/8

#33『メディック!』【第6章】 6-5 ナオ×美夏 セラピスト

第6章 ナオ×美夏 セラピスト 6-5 前回のお話を読む(#32第6章 6-4へ)第6章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  翌日。  ナオは勇登に電話した。ナオは昨晩の『志島勇登について語る会(主に悪口)』が気に入ったらしく、美夏はしばらく泊めてもらえることになったからだ。 「勇登のやつ、たまに電話でなかったりするんだよね」 ナオは、またか、という顔をしていった。 「電話に気づかないなんて、ありえないわ」「そうなの?」 「自衛官は基本24時間勤務なの。呼集がかかれば、即呼ばれるの。だから、 ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/12/1

#32『メディック!』【第6章】 6-4 ナオ×美夏 セラピスト

第6章 ナオ×美夏 セラピスト 6-4 前回のお話を読む(#31第6章 6-3へ)第6章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  その夜。 美夏が風呂からあがると、氷水が用意されていた。 「そういえば、パイロット目指してるんだよね。さっきは墜落とかいってごめんね」  美夏はナオがそんなことまで気にしてくれたのかと驚いた。 勇登に連れられてここに来たときは、歓迎されてない気がして少し怖かったが、本当は優し人なんだ、と美夏は思った。 「いえ、大丈夫です。小学生の頃私が、墜落が怖い、っていったら志島君 ...

ReadMore

ラバ活

〖ラバ活〗過去のことばかり思い出して悩んでしまうなら、『あの時、私は最良の選択をした』と一度認めてみよう。

あなたはくよくよ悩むタイプですか?

私:「はい。私はめっちゃ悩みます」

ということで、コーチ・カウンセラーの和泉りょう香です。こんにちは~。

「あの時、ああしていれば今頃こんなに悩むこともなかったのに!」
「あっちを選択していれば!」
「何故、こんなバカなことをしてしまったんだろう・・・・・・」

そうやって過去を振り返って後悔してしまうことは、誰にでもあることだと思います。
私もよくあります^^

でも、よ~く考えてみて下さい。
その時あなたは適当に決断したのでしょうか?

多くの場合、それなりに時間をかけて悩んだり考えたりしたのだと思います。
どうするのが自分にとって一番いいのかを探ったはずです。

だから、その時の答えは、当時の自分には最良の選択だったのです。

ただ、今のあなたは、当時より年を取っています。
例えそれが数時間であっても、その間にあなたは成長したのです。

その成長した分のあなたが『あの時もっといい選択ができたはずだ』と考えてさせてしまうのかなと思います。

過去の決断も、今の決断も、未来の決断も、どれもきっとその時点ではあなたなりの最良の決断なのではないでしょうか。

自分の気持ちを認めてあげると、気持ちが落ち着く。

「あの時ああしていれば……」と思うことは、

「なんで、そうしなかったんだよ!わたしっ!!」と自分を責めることに、自動的に繋がっていると思います。
そうやって、責めていれば、辛くなり、余計に後悔にすることになります。

何かを決めるとき、人はわざわざ自分が不幸になるような選択はしないはずです。
仮に今、そう思えなくても、後になってその選択が自分にとって最良であったと気づくこともあると思います。

過去のことばかり思い出して悩んでしまう事があったら、

『あの時、私は最良の選択をした』と一度認めてみませんか。

お読みいただきありがとうございました^^

★インスタグラムではラバ活の一覧が写真で見れます↓

インスタグラム ≫

★Twitterでは、ブログ更新情報を発信中です↓

ツイッター ≫

-ラバ活

© 2021 和泉りょう香