〖ラバ活〗過去のことばかり思い出して悩んでしまうなら、『あの時、私は最良の選択をした』と一度認めてみよう。

こもも ラバ活

あなたはくよくよ悩むタイプですか?

私:「はい。私はめっちゃ悩みます」

ということで、コーチ・カウンセラーの和泉りょう香です。こんにちは~。

「あの時、ああしていれば今頃こんなに悩むこともなかったのに!」
「あっちを選択していれば!」
「何故、こんなバカなことをしてしまったんだろう・・・・・・」

そうやって過去を振り返って後悔してしまうことは、誰にでもあることだと思います。
私もよくあります^^

でも、よ~く考えてみて下さい。
その時あなたは適当に決断したのでしょうか?

多くの場合、それなりに時間をかけて悩んだり考えたりしたのだと思います。
どうするのが自分にとって一番いいのかを探ったはずです。

だから、その時の答えは、当時の自分には最良の選択だったのです。

ただ、今のあなたは、当時より年を取っています。
例えそれが数時間であっても、その間にあなたは成長したのです。

その成長した分のあなたが『あの時もっといい選択ができたはずだ』と考えてさせてしまうのかなと思います。

過去の決断も、今の決断も、未来の決断も、どれもきっとその時点ではあなたなりの最良の決断なのではないでしょうか。

自分の気持ちを認めてあげると、気持ちが落ち着く。

「あの時ああしていれば……」と思うことは、

「なんで、そうしなかったんだよ!わたしっ!!」と自分を責めることに、自動的に繋がっていると思います。
そうやって、責めていれば、辛くなり、余計に後悔にすることになります。

何かを決めるとき、人はわざわざ自分が不幸になるような選択はしないはずです。
仮に今、そう思えなくても、後になってその選択が自分にとって最良であったと気づくこともあると思います。

過去のことばかり思い出して悩んでしまう事があったら、

『あの時、私は最良の選択をした』と一度認めてみませんか。

お読みいただきありがとうございました^^

★インスタグラムではラバ活の一覧が写真で見れます↓

インスタグラム ≫

★Twitterでは、ブログ更新情報を発信中です↓

ツイッター ≫

現在無料セッションモニター様も募集中です

タイトルとURLをコピーしました