☆初回60分無料セッション受付中です! ☆自衛隊小説『メディック!』連載中! 

小説『メディック!』

2021/9/15

#22『メディック!』【第5章】 5-1 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期

第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期 5-1 前回のお話を読む(#21第4章 4-3へ)第5章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) 第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期  水面を見上げると、自分の鼻から漏れた息が円になって水面にあがっていくのが見えた。 力を振り絞って足裏で水を蹴る。 プールサイドに立つ数人の人影は、水のフィルターを通して歪んで見えた。 水面に近づいた瞬間、何か棒のようなもので押されて再び水中に返された。 遥か下にある底を見ると、暗い海の底に引きずり込まれる感覚にな ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/9/15

#21『メディック!』【第4章】 4-3 俺×教官 メディックの種

第4章 俺×教官 メディックの種 4-3 前回のお話を読む(#20第4章 4-2へ)第4章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ)  その夜。  吉海の音頭で4枚目の写真を撮ることになった。入校式を記念しての写真だ。  今回は全員飛行服と決まった。飛行服は、搭乗員にしか支給されない。OD色のツナギで首から股下まで延びる銀のファスナー、ウエストの両サイドはマジックテープになっており、自分のサイズに合わせて調節が可能だ。腿の当たりにはメモをはさめるクリップ。ズボン部分の裾もファスナーで開け閉めができ、飛行 ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/9/8

#20『メディック!』【第4章】 4-2 俺×教官 メディックの種

第4章 俺×教官 メディックの種 4-2 前回のお話を読む(#19 第4章 4-1へ)第4章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  ――7月。  突き抜けるような晴天が夏の訪れを感じさせる日、小牧基地で救難員課程の入校式が実施された。  勇登が救難教育隊に転属してもう5カ月となるが、ここからが本当のスタートといってもいい。入校式を終えれば、そこから24週間の過酷な訓練を乗り越えなければならない。UH-60Jでの落下傘降下を含めた飛行実習、夏季山岳実習、海上総合実習、そして最後に、冬季山岳実習を ...

ReadMore

小説『メディック!』

#18『メディック!』【第3章】 3-3 俺×同期 はじまりの予感

2021年8月18日

第3章 俺×同期 はじまりの予感 3-3

前回のお話を読む(#17 第3章 3-2へ)
第3章をまとめて読む
はじめから読む(プロローグへ)


* 

 ――数日後。

 就寝30分前。勇登はベッドに張り付いていた。
 身体中の筋肉がパンパンで、ちょっとの時間も休ませたかった。

 結局ベッドの位置は、右奥から剣山、宗次、左奥からジョン、吉海、勇登になった。
 ジョンと勇登が並ぶとケンカになるという理由で、剣山が決めた。彼は四大卒で入隊し、何度も試験を受けていたがなかなか合格できず、今回年齢制限ギリギリで合格していた。唯一の妻帯者で、新隊員教育の班長も経験していて、親分肌だった。

「写真を撮りましょう!」
 勇登の横で寝転がっていた吉海が、起き上がると突然いった。

「めんどくさ」
 ベッドに突っ伏していたジョンがすぐに答えた。
 
 吉海は負けじと、その素晴らしさについて語り出した。
 吉海曰く、これから毎回同じスタイルで写真を撮って肉体の成長を見たら面白い、というのである。確かに、1年でどれだけ成長するのかは気になるところだ。

 吉海はしゃべりすぎて時々うざいが、ムードメーカーで人の懐に入り込むのがうまかった。疲れていた皆をちょっとやってみたいという気にさせたが、誰も動こうとはしなかった。最終的に、学生長剣山の「やろう」の一声で皆が重い腰を上げた。

 しかし、やるとなったらみんな乗り気で、まずは撮影場所でもめた。ただ、今問題を起こすとまずい、という宗次の意見が採用され、1枚目の写真は居室内となった。

 場所が決まった途端、発案者の吉海が全裸になった。それを見て勇登、宗次、剣山も脱ぎはじめた。しかし、ジョンは全裸は嫌だといって洒落た迷彩柄のハーフパンツを取り出した。

「おい、ジョン。なんでお前だけはいてんだよ!」
 すかさず、勇登がいった。

「だって、そこはもう成長しないだろ」
 ジョンはしれっというと、ハーフパンツに着替えはじめた。
 その言葉に皆沈黙し、宗次が申し訳なさそうにトランクスをはきはじめると勇登、剣山も続いた。

「お前はいいのか?」
 動こうとしない吉海に剣山がいった。

「あ、俺はケツ筋が自慢なんで、バックショットで決めます」
 簡単に自分を曲げた三人は、宗次は訓練用の海パン、剣山はその時偶然はいていた黒のジャージ、勇登は作業服のズボンになった。狭い居室内で、それぞれが思い思いの格好、ポーズでカメラを見た。

 1枚目の写真は、はっきりって皆ばらばらでまとまりがなかった。だけど、それが逆に何かのはじまりっぽくて、皆ちょっと笑顔になった。


第4章へつづく

※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、組織、名称とは一切関係ありません。


メディック!を最初から読む 

目次を見る

『メディック!』自衛隊専門用語集

『メディック!』登場人物紹介

-小説『メディック!』
-, ,

© 2021 和泉りょう香