☆初回60分無料セッション受付中です! ☆自衛隊小説『メディック!』連載中! 

小説『メディック!』

2021/9/15

#22『メディック!』【第5章】 5-1 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期

第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期 5-1 前回のお話を読む(#21第4章 4-3へ)第5章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) 第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期  水面を見上げると、自分の鼻から漏れた息が円になって水面にあがっていくのが見えた。 力を振り絞って足裏で水を蹴る。 プールサイドに立つ数人の人影は、水のフィルターを通して歪んで見えた。 水面に近づいた瞬間、何か棒のようなもので押されて再び水中に返された。 遥か下にある底を見ると、暗い海の底に引きずり込まれる感覚にな ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/9/15

#21『メディック!』【第4章】 4-3 俺×教官 メディックの種

第4章 俺×教官 メディックの種 4-3 前回のお話を読む(#20第4章 4-2へ)第4章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ)  その夜。  吉海の音頭で4枚目の写真を撮ることになった。入校式を記念しての写真だ。  今回は全員飛行服と決まった。飛行服は、搭乗員にしか支給されない。OD色のツナギで首から股下まで延びる銀のファスナー、ウエストの両サイドはマジックテープになっており、自分のサイズに合わせて調節が可能だ。腿の当たりにはメモをはさめるクリップ。ズボン部分の裾もファスナーで開け閉めができ、飛行 ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/9/8

#20『メディック!』【第4章】 4-2 俺×教官 メディックの種

第4章 俺×教官 メディックの種 4-2 前回のお話を読む(#19 第4章 4-1へ)第4章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  ――7月。  突き抜けるような晴天が夏の訪れを感じさせる日、小牧基地で救難員課程の入校式が実施された。  勇登が救難教育隊に転属してもう5カ月となるが、ここからが本当のスタートといってもいい。入校式を終えれば、そこから24週間の過酷な訓練を乗り越えなければならない。UH-60Jでの落下傘降下を含めた飛行実習、夏季山岳実習、海上総合実習、そして最後に、冬季山岳実習を ...

ReadMore

小説『メディック!』

#17『メディック!』【第3章】 3-2 俺×同期 はじまりの予感

2021年8月11日

第3章 俺×同期 はじまりの予感 3-2

前回のお話を読む(#16 第3章 3-1へ)
第3章をまとめて読む
はじめから読む(プロローグへ)


 勇登たちは、基幹隊員への挨拶回りを終えると、救難教育隊の格納庫に集合した。

 全員整列休めの姿勢でいると、試験のときにいた強面の曹長が現れた。張りと艶のある顔つきだけでなく、飛行服越しにでもわかる完成された体つきは、年齢を感じさせなかった。

「今日は移動、おつかれさん」
 曹長がそういうと、全員ざっと音を立てて一斉に気をつけの姿勢になった。

「おつかれさまでした!」
 五人の声が、格納庫内に響き渡った。

「きこえんな」
 彼の言葉で、更に大きな挨拶が格納庫内にこだました。

「はじめから、全力出せよ」
 その短い一言だけで、彼は場の空気を支配した。
 誰一人として微動だにしない。
 しかし、彼は張り詰めた空気を自ら壊した。

「……休め」
 全員、一気に休めの姿勢をとると、一斉に頭を五郎のほうに向けた。

「俺は今期の主任教官、熊野五郎(くまのごろう)だ」
 五郎はそういって全員を見渡すと、更に言葉を続けた。
「とりあえず種まきは終わった」

 勇登の頭に?が浮かんだ。表情の変化を察知したのか、五郎はすぐに勇登の前にきた。一瞬で気をつけの姿勢になった勇登の坊主頭を、力強くぐりぐりとなでながら五郎はいった。

「問題は、これから一年全力で踏みつけて、何人発芽するか――」
 五郎は不敵な笑みを浮かべながら「――だな」いうと、勇登の瞳を覗き込んだ。

 ――!

 五郎と目が合った瞬間、勇登は真っ黒な瞳に、どこか懐かしさを覚えた。そして、その奥に漆黒と眩しい光を同時に見た気がした。

 格納庫には濃紺のUH-60Jやきれいな水色をしたU-125などが整然と並んでいる。まずは、そちらを優雅に見学ということを皆期待していたが、そのようなことは一切なく、格納庫脇で激しい体力向上運動が始まった。

 汗だくになりながら訓練をしていた勇登は、整備中のヘリから誰か下りてくるのに気づいた。
 勇登はすぐに、救難員志望のWAF、亜希央だとわかった。

 ――へえ、ここのヘリの整備士たっだんだ。

 相変わらずのベリーショートで、テキパキと動いている。勇登が亜希央のほうをちらちら見ていると、彼女と目が合った。亜希央は、焦ったようにそっぽを向くと、再び機内に入ってしまった。
 勇登が視線を前に戻すと、目の前20センチのところに五郎の目があった。
 飛びのきそうになるのを、必死で堪えた。

「お前、今よそ見してだだろ」
「いいえ、してません!」
 勇登は汗が口に入るのも気にせず、大声で否定した。

「嘘はよくないな。お前のミスは同期全員のミスだ。全員、腕立て用意!」

 その後勇登たちは、汗で体内の水分が出尽くすほどの腕立て伏せを命じられた。

 
 夕方フラフラになりながらも、勇登たちは何とか食事を終えた。
 本当は全然食べる気がしなかったが、食べなければやっていけない。無理にでも口に詰め込んだ。それから、走って内務班に戻った。移動は基本かけ足なのだ。
 すると、玄関先には仁王立ちの亜希央がいた。勇登が中に入ろうとすると、亜希央が叫んだ。

「志島勇登、ちょっと待てぃ」
 勇登には、お前は武士か!、などと反応する気力さえ残っていなかった。

「受かってよかったな」
「ああ、そっちは……残念だったな」
「今日、ずっと見てたけど、全然体力ないな」
「……」
「ここ数年で見ても、断トツないな」
 勇登はムッとした。

 亜希央と話しているとWAFじゃなくて、同期の男と話しているような気になった。思ったことをストレートにぶつけてくる。胸の膨らみと小柄なこと以外は、完全に男のようだった。

「わかってるよ!」
 勇登が大きな声をだすと、一瞬、亜希央の大きな瞳が潤んだ。
 勇登は大きく息をつくといった。
「ごめん、今日はちょっと疲れてるから、またな」

 今日の訓練で、同期の中で最も体力がないのは自分であると痛感していた。

 ――初日から余裕がないとか、マジかっこわり。

 不甲斐ない自分に少し腹を立てながら、勇登は隊舎の階段を這うようにのぼった。


つづく

※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、組織、名称とは一切関係ありません。


メディック!を最初から読む 

目次を見る

『メディック!』自衛隊専門用語集

『メディック!』登場人物紹介

-小説『メディック!』
-, ,

© 2021 和泉りょう香