小説『メディック!』

#33『メディック!』【第6章】 6-5 ナオ×美夏 セラピスト

2021年12月1日

第6章 ナオ×美夏 セラピスト 6-5

前回のお話を読む(#32第6章 6-4へ)
第6章をまとめて読む
はじめから読む(プロローグへ)


 翌日。

 ナオは勇登に電話した。ナオは昨晩の『志島勇登について語る会(主に悪口)』が気に入ったらしく、美夏はしばらく泊めてもらえることになったからだ。

「勇登のやつ、たまに電話でなかったりするんだよね」
 ナオは、またか、という顔をしていった。

「電話に気づかないなんて、ありえないわ」
「そうなの?」

「自衛官は基本24時間勤務なの。呼集がかかれば、即呼ばれるの。だから、着信には敏感なのよ」
 勇登とナオの関係がなんだか悔しくて、美夏は少し意地悪っぽくいった。

 休暇最終日。

 美夏はナオの家を出る際、先輩の眠る仏壇にもう一度手を合わせた。

 これからも、ナオちゃんをお守りください――。

 きっと今後も訓練の厳しさは変わらないだろう。
 しかし、思い切り話ができて、心はすっきりしていた。自分の中でずっとドロドロしていた何かが、減っているのがわかった。

 解決策などいらない。
 ただ、話をきいてもらえただけでこんなにも心が軽くなった。


 勇登は走って美夏を迎えにきてくれた。時間があったから、喫茶PJ近くの公園で少し話した。
 いつも飛んでる空は、橙色に染まっている。

 ――やっぱり、飛びたい。

「どうして夕焼けって、こんなにきれいに見えるんだろ」
 美夏は素直に感じたことをいった。

「それはお前の気分がいいからじゃない。俺も今だけはきれいに見える。また訓練始まったら、わからんけど」

 休暇の後、心が折れたまま戻ってこない人もたまにいる。
 休暇前は、今回自分がそうなってしまうのでは、と思っていた。

 でも、救われた。

「本当は底抜けに挫けてたんだ。きてよかった。ありがとう」

 美夏はそういうと、軽い足取りで浜松基地への帰路についた。

 
 第7章へつづく


※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、組織、名称とは一切関係ありません。

メディック!を最初から読む 

目次を見る

『メディック!』自衛隊専門用語集

『メディック!』登場人物紹介

-小説『メディック!』
-, , ,

© 2022 和泉りょう香