〖ラバ活〗涙が溢れてきたならば、チャ~ンスと思って、思い切り泣いてしまおう!

ラバ活

何故、泣いてはいけないと思うようになったのか

「泣いてはいけない」
これは誰のココロにも少なからずある文言だと思います。

私たちは生まれた途端に泣きはじめ、その後も暫くは泣くことで大人に構ってもらってきました。

そう、

『泣けば何とかなった』のです^^

でも、ある時から大人たちは「泣いてはいけない」と態度を一変させました。

そう、

『泣けば何とかなるどころか、泣けば状況はもっと悪くなる』ようになってしまったのです(涙)

だから私たちは、泣きたくても涙をこらえて我慢するようになり、

その結果、

「泣いてはいけない」に辿り着いたのだと思います。

泣くことで得られるもの


泣くことって意識してもなかなか出来ることじゃありません。
笑ったり、怒ったり、悲しんだりは表情だけなら作れますが、
涙を出すことは非常に困難です。

そう考えると、役者さんはすごいですよね。

だから、涙が出てきたらチャンスなのです!

「悲しかったね、辛かったね、泣いてもいいんだよ。」
と自分に優しく言ってあげて、泣くことをうながしてあげましょう。

我慢しなくていい、感じている気持ちを全部出してしまいましょう。

よく、子どもって大泣きした後、ケロッとしてたりしますよね。
あれは、感情を出し切ったからできる芸当だと思います^^

大人も同じです。

涙が溢れてくることがあったら、チャ~ンスと思って、思い切り泣いてしまおう!

泣ききった後は、きっとスッキリしますよ!

ありがとうございました^^

★インスタグラムではラバ活の一覧が写真で見れます↓

インスタグラム ≫

★Twitterでは、ラバ活やブログ更新情報を発信中です↓

ツイッター ≫

現在無料セッションモニター様も募集中です

タイトルとURLをコピーしました