☆自衛隊小説『メディック!』連載中です! ☆初回25分無料セッションも実施中!

メディック!第1章 表紙

小説『メディック!』

2021/5/12

#05 小説『メディック!』【第1章】1-4 俺×由良 夢のカケラ

第1章 俺×由良 夢のカケラ 1-4 前回のお話を読む(#04 第1章 1-3へ)第1章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  その夜。  家に帰ると、飼い猫が飯欲しさにすり寄ってきた。  しかし、勇登は「ニャー、今忙しいんだよ。後でな」といって三毛柄の彼女をなでながら引き離すと、すぐに文集探しをはじめた。自分の部屋、リビングの本棚、思い当たる場所は全部探したが、一向に見つからなかった。  途方に暮れた勇登は、家主に電話することにした。着信履歴から志島由良(しじまゆら)の名前を探す。 「はい、 ...

ReadMore

メディック!第1章 表紙

小説『メディック!』

2021/5/12

#04 小説『メディック!』【第1章】1-3 俺×由良 夢のカケラ

第1章 俺×由良 夢のカケラ  前回のお話を読む(#03 第1章 1-2へ)第1章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ)  店に連れてこられた勇登は、はじめキョロキョロと店の中を観察していたが、目の前に皿が置かれると「すげえ」といって目を輝かせた。  ナオは勇登の向かいの席に腰かけて「うまい、うまい」といって、レバニラとご飯を交互に食べる彼を見ていた。自分が作ったわけでもないのに、不思議と嬉しくなった。  店はもともと祖母がはじめて、祖母と母で経営していた。これまでは、店でレバニラを出していることが ...

ReadMore

メディック!第1章 表紙

小説『メディック!』

2021/4/28

#03 小説『メディック!』【第1章】1-2 俺×由良 夢のカケラ

第1章 俺×由良 夢のカケラ  前回のお話を読む(#02 第1章 1-1へ)第1章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  ナオは勇登が帰った後、彼が平らげたレバニラの食器を片付けながら、勇登とはじめて会話した日を思い出して、クスリと笑った。  あの日、スーパーの総菜売り場の前で首をかしげている勇登を、ナオはしばらく遠目に見ていた。  ナオはその年高校に入ったばかりで、彼はクラスメイトのひとりだった。  高校に入学すると新しい人間関係がはじまり、中学までの歴史は一旦リセットされる。お互い目には見 ...

ReadMore

ラバ活

〖ラバ活〗『自分を満たすこと』に忙しくなってみる

早いもので、間もなく11月が終わりを迎え、今年最後の月である12月がやってきますね。
皆さまはいかがお過ごしですか?

年末年始が近づいて来ると、どこかあわただしい雰囲気も一緒にやってきて、知らず知らずのうちに気がせいてしまいますよね。

そうなる前に、一日例え数分であっても
『自分の為の時間』
『自分だけに集中する時間』
をとってみるのはどうでしょうか。

特に、人のこと他人のことに忙しくなっている時間が多い方は、「自分を満たす時間」を意識的に増やすことは、とても大切なのではないかと思うのです。

お気に入りのハンドクリームを丁寧に塗ってみる。

わたしは今年、薬局でいつもよりお値段高めのハンドクリームを購入しました。
(これまでハンドクリームはそんなに気にしてなかったのですが、今年は真剣に選んでみました)

毎日、夜寝る前にこのクリームを手の隅々まで塗り込みます。
美白成分が入っているので、何だか効きそうでテンションが上がります。

好きな香り成分が配合されていたり、材料が厳選されているのもいいかもしれません。

私は、香りを優先するか、効能を優先するか超迷って、効能を重視しました^^

使い切れたら、次は香り重視で選んでみようと思います!

自分を丁寧に扱う。良いものを与える。
そうやって、時には、私を満たすことにいそがしくなってみる
私がわたしの気分を上げてあげる。

これってとても大切なことだと思います。

せわしなくなりがちなこの時期だからこそ、
まずは自分を労い、労わる時間をほんの少しづつ意識的に作ってみるのはどうでしょうか?

いつもここにいます。和泉りょう香でした^^

・-- --・- ・・ ・--・- ☆・-- ---・- ・・ ・・-・- ・-・-・

現在、初回無料セッション実施中です。
お悩み事等ございましたら、ご相談くださいませ。

★インスタグラムではラバ活の一覧が写真で見れます↓

インスタグラム ≫

★Twitterでは、ブログ更新情報を発信中です↓

ツイッター ≫

-ラバ活

© 2021 和泉りょう香