☆自衛隊小説『メディック!』連載中です! ☆初回25分無料セッションも実施中!

メディック!第1章 表紙

小説『メディック!』

2021/6/9

#09 小説『メディック!』【第1章】1-8 俺×由良 夢のカケラ

第1章 俺×由良 夢のカケラ 1-8 前回のお話を読む(#08 第1章 1-7へ)第1章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  勇登はドアの前で腕時計を確認した。 喫茶PJ、閉店10分前。 「ギリギリセーフ!」  店のドアを勢いよく開けると、努めて明るくそういった。勇登と目が合うと、ナオは挙げていた手を焦って下ろした。 「何がギリギリセーフよ。もう閉店です」 客のいない店内にナオの声が響いた。 「いいじゃん。少しだけ」 そういってカウンターに座る勇登に、ナオは口を尖らせながら水を出した。 「今 ...

ReadMore

メディック!第1章 表紙

小説『メディック!』

2021/6/2

#08 小説『メディック!』【第1章】1-7 俺×由良 夢のカケラ

第1章 俺×由良 夢のカケラ 1-7 前回のお話を読む(#07 第1章 1-6へ)第1章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  ナオは専門学校の入学式を終え、学校生活と店の仕事と忙しくしていた。  店のテーブルを拭きながら、ふとあることに気づいた。  ――おかしい。あれから勇登が店に来ない。  いつも来る人が来ないと、気になる。こちらも忙しかったし、別につきあってるわけでもないから、連絡はしなかった。勉強の邪魔になってもいけない。それでも、なんだかんだといって、週末には顔を出すことが多かった。 ...

ReadMore

メディック!第1章 表紙

小説『メディック!』

2021/6/2

#07 小説『メディック!』【第1章】1-6 俺×由良 夢のカケラ

第1章 俺×由良 夢のカケラ 1-6 前回のお話を読む(#06 第1章 1-5へ)第1章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  ――困った。  勇登はここ数日で本当に気づいてしまっていた。 今でも本気でメディックになりたいということに。そのことを考えると、なれたときの妄想が止まらなくなるし、気がつけばいつもそのことばかり考えている。それは誰かに恋をしたときのような感覚に似ていた。  はじめて『メディックになりたい』と思ったときの感覚が、みるみる蘇ってきている。  そして、同時に迷ってもいた。 ...

ReadMore

小説『メディック!』

#03 小説『メディック!』【第1章】1-2 俺×由良 夢のカケラ

2021年4月21日

第1章 俺×由良 夢のカケラ 

前回のお話を読む(#02 第1章 1-1へ)
第1章をまとめて読む
はじめから読む(プロローグへ)


 ナオは勇登が帰った後、彼が平らげたレバニラの食器を片付けながら、勇登とはじめて会話した日を思い出して、クスリと笑った。

 あの日、スーパーの総菜売り場の前で首をかしげている勇登を、ナオはしばらく遠目に見ていた。

 ナオはその年高校に入ったばかりで、彼はクラスメイトのひとりだった。

 高校に入学すると新しい人間関係がはじまり、中学までの歴史は一旦リセットされる。お互い目には見えない探り合いがはじまり、徐々に自分の立ち位置を確立していく。

 その中で勇登は初日から頭角を現した。
 すらりとした体型には、程よく筋肉がついていて、いざという時は頼りになりそうな感じがした。それでいて整った目鼻立ちで凛々しさがあるのに、子供みたいに無邪気に可愛らしく笑うから、そのギャップが女子の心を掴み、あっという間に一番人気になった。

 その彼が、庶民的な総菜コーナーの前でひとり悩んでいるとなれば、更に人気が出るのは間違いなかった。

 平日の夕方でも、お惣菜コーナーは充実していた。最近は家庭と仕事を両立している女性が多いからだろう。パック詰めされたものから、量り売りのものまで、欲しいものを必要な量だけ買うことができる。

 勇登は色とりどりのおかずが並ぶ量り売りコーナーの前で、困惑の表情を浮かべていた。

 ナオは一歩踏み出した。

「志島君?」

 本人だと確実にわかっていたが、緊張したのか語尾が上がってしまった。彼と話したことは一度もなかった。

「ああ、城嶋」

 勇登は振り返るとはっきりとそういった。入学してまだひと月足らず、たいして有名でもないナオの名前を彼は覚えていた。

「なにか買い物?」

 ナオは平静を装って、きいた。

「ああ、今日は母親が仕事で泊まりだから、夕飯買おうと思って。いつもはコンビニなんだけど、ちょっと飽きたから、スーパーに来てみたんだ。城嶋は?」

「わ、私は、ちょっと買い出し。志島君、お惣菜買うの?」

 ナオは量り売りコーナーを見ながらいった。

「うん。このレバニラがすっげー旨そうなんだけど、買いかたがわからなくてさ。誰か買うの待って、それ真似しようと思ったんだけど、誰も買わねーの」

 そういって勇登は、はにかんだ。

 その表情に心臓が一度大きく跳ねたが、それは気にせずに抑えた声でナオはいった。

「レ、レバニラだったら、うちで食べればいいよ。あるよ。レバニラセット」

「え?なに、城嶋ん家、店やってんの?」

「うん、喫茶店だけど、ちょっとしたご飯も出してるの。今日も買い忘れの買い出し。うちのお母さんすぐ忘れるんだよね。よかったら食べに来る?」

「いいの?行く、行く!」

 勇登は身を乗り出すと満面の笑みを見せた。

 その表情に今度は心臓がキューっとなり、すぐに声を出せそうになかったから、ナオは最大限の笑顔で答えた。

つづく

※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、組織、名称とは一切関係ありません。


メディック!を最初から読む

目次を見る

メディック!は毎週連載。更新情報発信してます ↓↓ 

Twitter

(フォローで最新情報が届きます!)

facebook

(いいね!かフォローで『メディック!』更新情報が届きます^^)

-小説『メディック!』
-, ,

© 2021 和泉りょう香