☆初回60分無料セッション受付中です! ☆自衛隊小説『メディック!』連載中! 

小説『メディック!』

2021/9/15

#22『メディック!』【第5章】 5-1 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期

第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期 5-1 前回のお話を読む(#21第4章 4-3へ)第5章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) 第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期  水面を見上げると、自分の鼻から漏れた息が円になって水面にあがっていくのが見えた。 力を振り絞って足裏で水を蹴る。 プールサイドに立つ数人の人影は、水のフィルターを通して歪んで見えた。 水面に近づいた瞬間、何か棒のようなもので押されて再び水中に返された。 遥か下にある底を見ると、暗い海の底に引きずり込まれる感覚にな ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/9/15

#21『メディック!』【第4章】 4-3 俺×教官 メディックの種

第4章 俺×教官 メディックの種 4-3 前回のお話を読む(#20第4章 4-2へ)第4章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ)  その夜。  吉海の音頭で4枚目の写真を撮ることになった。入校式を記念しての写真だ。  今回は全員飛行服と決まった。飛行服は、搭乗員にしか支給されない。OD色のツナギで首から股下まで延びる銀のファスナー、ウエストの両サイドはマジックテープになっており、自分のサイズに合わせて調節が可能だ。腿の当たりにはメモをはさめるクリップ。ズボン部分の裾もファスナーで開け閉めができ、飛行 ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/9/8

#20『メディック!』【第4章】 4-2 俺×教官 メディックの種

第4章 俺×教官 メディックの種 4-2 前回のお話を読む(#19 第4章 4-1へ)第4章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  ――7月。  突き抜けるような晴天が夏の訪れを感じさせる日、小牧基地で救難員課程の入校式が実施された。  勇登が救難教育隊に転属してもう5カ月となるが、ここからが本当のスタートといってもいい。入校式を終えれば、そこから24週間の過酷な訓練を乗り越えなければならない。UH-60Jでの落下傘降下を含めた飛行実習、夏季山岳実習、海上総合実習、そして最後に、冬季山岳実習を ...

ReadMore

小説『メディック!』

#05 小説『メディック!』【第1章】1-4 俺×由良 夢のカケラ

2021年5月12日

第1章 俺×由良 夢のカケラ 1-4

前回のお話を読む(#04 第1章 1-3へ)
第1章をまとめて読む
はじめから読む(プロローグへ)


 その夜。

 家に帰ると、飼い猫が飯欲しさにすり寄ってきた。

 しかし、勇登は「ニャー、今忙しいんだよ。後でな」といって三毛柄の彼女をなでながら引き離すと、すぐに文集探しをはじめた。自分の部屋、リビングの本棚、思い当たる場所は全部探したが、一向に見つからなかった。

 途方に暮れた勇登は、家主に電話することにした。着信履歴から志島由良(しじまゆら)の名前を探す。

「はい、はーい」

 高い声に驚いて、勇登は耳から携帯を離した。

「あ、俺だけど」

「おれ?おれって名前の知り合いはいませんがー?」

 わざとらしく語尾を上げて由良が答える。

「……勇登だよ」

「ああ、勇登。ちゃんと名乗りなさい、っていつもいってるでしょ」

「息子の声くらい覚えろよ」

 勇登はぶっきらぼうに答えた。

「あんたねぇ、わかってるに決まってるでしょ。でも十年後、二十年後、あたしの耳が悪くなって、勇登の声が識別できなくなって、あたしが詐欺にあったら、どうしてくれるの!?」

 とてつもなく面倒くさいと思ったが、由良のいい分はいつも正しくて、反論の余地がない。更に、この勢いだとおしゃべり好きの彼女に話を持ってかれる。

「そうだね。ごめんごめん……」

 勇登はその場を適当に取り繕うと、本題を切り出した。

「なあ、俺の小学校の卒業文集知らね?」

「……文集?なんでそんなもん探してんのよ」

「いや、理由はないけど」

 勇登は由良に理由をいってはいけない気がしていた。

「……2階の、あたしの部屋の押し入れにあるんじゃない?わからないけど」

 勇登は由良の答えにドキリとした。

 そこは、父の遺品が入っている場所だった。

 電話を切った勇登は、恐る恐る押し入れを開けた。

 父が死んだ後、由良がここに父の遺品をしまっていたことは知っていた。でも、勇登はこの押し入れを一度も開けたことがなかった。

 勇気を出して、一番手前にあった父の遺品の入った段ボール箱を開けた。幸運なことに文集はフタを開けてすぐに見つかった。他にも一緒に年賀状のような葉書や封書があったが、他は見ないようにして文集だけを取り出した。

 勇登は文集を由良が子どもの頃使い込んだであろう木製の机にそっと置くと、ニャーに飯をあげにいった。

 また、胸のザワザワが戻ってきていた。

 一度気持ちを落ち着けたかった。

 ニャーがツナ缶をすごい勢いで平らげるのを見届けた勇登は、由良の部屋に舞い戻った。窓際の机に座って、文集を開くと、自分のページはすぐに見つかった。

『ぼくの夢。ぼくは将来、お父さんと同じメディックになります。メディックとは、航空自衛隊で隊員やみんかんの人を助ける仕事をしている人のことです。ぼくがメディックになろうと思ったのは、お父さんとネコのニャーを助けたことがあったからです。あと、お父さんはきん肉りゅうりゅうで、かっこいいからです。お母さんもお父さんは世界で一番かっこいいといっていました。だから、ぼくもお父さんのようなかっこいいメディックになります。』

 文章の端には、曲がった線でヘリコプターの絵が描かれていた。

 勇登が混乱した頭のまま顔を上げると、目の前の真っ黒な窓に、涙を流す自分が映っていた。それと同時に、母の泣き顔が脳裏に浮かんだ。

 その瞬間、すべてを思い出した――。

つづく

※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、組織、名称とは一切関係ありません。


メディック!を最初から読む

目次を見る

メディック!は毎週連載。更新情報発信してます応援よろしくお願いします^^ ↓↓ 

Twitter

(フォローで最新情報が届きます!)

facebook

(いいね!かフォローで『メディック!』更新情報が届きます^^)

-小説『メディック!』
-, ,

© 2021 和泉りょう香