☆初回60分無料セッション受付中です! ☆自衛隊小説『メディック!』連載中! 

小説『メディック!』

2021/12/8

#34『メディック!』【第7章】 7-1 俺×母 降臨

第7章 俺×母 降臨 7-1 前回のお話を読む(#33第6章 6-5へ)第7章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) 第7章 俺×母 降臨  宗次が折り入って話があるというので、休日勇登は彼を喫茶PJに連れて来た。宗次もPJという名前に反応したが、意味は不明というとがっかりした。 勇登はいつものカウンターではなく、テーブル席に宗次と座った。 「俺、やばいかも」 宗次は開口一番そういった。  「なにが?」  宗次は辺りをキョロキョロと確認した。「……浅井さんのこと、好きになったかも」 「えぇ!あの男女 ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/12/8

#33『メディック!』【第6章】 6-5 ナオ×美夏 セラピスト

第6章 ナオ×美夏 セラピスト 6-5 前回のお話を読む(#32第6章 6-4へ)第6章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  翌日。  ナオは勇登に電話した。ナオは昨晩の『志島勇登について語る会(主に悪口)』が気に入ったらしく、美夏はしばらく泊めてもらえることになったからだ。 「勇登のやつ、たまに電話でなかったりするんだよね」 ナオは、またか、という顔をしていった。 「電話に気づかないなんて、ありえないわ」「そうなの?」 「自衛官は基本24時間勤務なの。呼集がかかれば、即呼ばれるの。だから、 ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/12/1

#32『メディック!』【第6章】 6-4 ナオ×美夏 セラピスト

第6章 ナオ×美夏 セラピスト 6-4 前回のお話を読む(#31第6章 6-3へ)第6章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  その夜。 美夏が風呂からあがると、氷水が用意されていた。 「そういえば、パイロット目指してるんだよね。さっきは墜落とかいってごめんね」  美夏はナオがそんなことまで気にしてくれたのかと驚いた。 勇登に連れられてここに来たときは、歓迎されてない気がして少し怖かったが、本当は優し人なんだ、と美夏は思った。 「いえ、大丈夫です。小学生の頃私が、墜落が怖い、っていったら志島君 ...

ReadMore

小説『メディック!』

#31『メディック!』【第6章】 6-3 ナオ×美夏 セラピスト

2021年11月17日

第6章 ナオ×美夏 セラピスト 6-3

前回のお話を読む(#30第6章 6-2へ)
第6章をまとめて読む
はじめから読む(プロローグへ)


 ――カラン、カラン。

 店のドアが勢いよく開いて、ナオの勇登センサーはすぐに反応した。週末から夏季休暇に入るという情報は既に得ていたから、レバーの準備もバッチリだった。

 ナオが笑顔で出迎えると、勇登は目の前で手を合わせた。
「ナオ、今晩一晩、泊めてくれ」

「え?な、な、な、なんで?勇登を?」
 ナオは瞬時に赤くなった。想定外過ぎる言葉だ。

「いや、俺じゃなくて」
 勇登は続いて店に入ってきた女性に目をやった。
 10人にきいたら間違いなく9人は美人と断言するようなきれいな子だ。

「……どなた?」
 ナオは舞い上がってしまった声のトーンを下げてそういうと、首をかしげた。

「ほら、昔クラス会で会ったっていった、浜松の同級生」
 ナオはすぐに思い当たった。確か戦闘機のパイロットを目指している子だ。

 ナオは勇登のシャツを掴んで引き寄せると、小声でいった。
「それはわかったけど、なんで私が?」

 勇登は更に小さい声になっていった。
「ほら、何か落ち込んでてさ、浜松には帰りたくないっていうし、泊まるところも決まってないって、ほっとくわけにいかないだろ。だからって、俺の実家に泊めるのも問題だろ」

「私が泊めるのは問題ないわけ?」

「ま、そういうなよ、な?な?」

 勇登に押し切られ、ナオはしぶしぶ彼女を泊めることにした。

 ナオは勇登に水も食事も与えずに追い返した。
 ――勇登のやつ、今度来たらこっそりレバーに激辛を仕込んでやる。


 ナオは美夏を店の裏の住居部分にあげた。
「ええと……」

「飯塚美夏です。ナオさん今日はありがとうこざいます」
 美夏は深々と頭を下げた。
 あまりに謙虚で礼儀正しい姿に、ナオは断ろうとしていた自分に罰の悪さを感じた。

 ナオは美夏を茶の間に案内するといった。
「古い家でごめんね。あと、空いてる部屋ここしかないの。後で布団持ってくるから、ここでいい?」

 美夏はちゃぶ台の前に座ると、部屋の隅にある仏壇をじっと見た。
「ああ、ごめんね。人んちの仏壇なんて、ちょっと怖いよね」
「いえ、大丈夫です」

「その写真は、じいちゃんと父さんよ」
 ナオは美夏が怖くないように、仏壇の写真の説明をした。

「お父さん着てる服って……」
「ああ、民間機のパイロットだったの。でも、飛行機が墜落して……ね」

「……ごめんなさい、余計なこときいて」
「ああ、いいの、いいの。こんな話しても、暗くなるだけだから、勇登にもいったことないんだ。だから、やめ、やめー!」

 ナオは努めて明るく「店からコーヒー持ってくるね」というと、部屋を離れた。

 
 つづく


※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、組織、名称とは一切関係ありません。

メディック!を最初から読む 

目次を見る

『メディック!』自衛隊専門用語集

『メディック!』登場人物紹介

-小説『メディック!』
-, , ,

© 2021 和泉りょう香