☆自衛隊小説『メディック!』連載中です! ☆初回25分無料セッションも実施中!

メディック!第1章 表紙

小説『メディック!』

2021/6/9

#09 小説『メディック!』【第1章】1-8 俺×由良 夢のカケラ

第1章 俺×由良 夢のカケラ 1-8 前回のお話を読む(#08 第1章 1-7へ)第1章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  勇登はドアの前で腕時計を確認した。 喫茶PJ、閉店10分前。 「ギリギリセーフ!」  店のドアを勢いよく開けると、努めて明るくそういった。勇登と目が合うと、ナオは挙げていた手を焦って下ろした。 「何がギリギリセーフよ。もう閉店です」 客のいない店内にナオの声が響いた。 「いいじゃん。少しだけ」 そういってカウンターに座る勇登に、ナオは口を尖らせながら水を出した。 「今 ...

ReadMore

メディック!第1章 表紙

小説『メディック!』

2021/6/2

#08 小説『メディック!』【第1章】1-7 俺×由良 夢のカケラ

第1章 俺×由良 夢のカケラ 1-7 前回のお話を読む(#07 第1章 1-6へ)第1章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  ナオは専門学校の入学式を終え、学校生活と店の仕事と忙しくしていた。  店のテーブルを拭きながら、ふとあることに気づいた。  ――おかしい。あれから勇登が店に来ない。  いつも来る人が来ないと、気になる。こちらも忙しかったし、別につきあってるわけでもないから、連絡はしなかった。勉強の邪魔になってもいけない。それでも、なんだかんだといって、週末には顔を出すことが多かった。 ...

ReadMore

メディック!第1章 表紙

小説『メディック!』

2021/6/2

#07 小説『メディック!』【第1章】1-6 俺×由良 夢のカケラ

第1章 俺×由良 夢のカケラ 1-6 前回のお話を読む(#06 第1章 1-5へ)第1章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  ――困った。  勇登はここ数日で本当に気づいてしまっていた。 今でも本気でメディックになりたいということに。そのことを考えると、なれたときの妄想が止まらなくなるし、気がつけばいつもそのことばかり考えている。それは誰かに恋をしたときのような感覚に似ていた。  はじめて『メディックになりたい』と思ったときの感覚が、みるみる蘇ってきている。  そして、同時に迷ってもいた。 ...

ReadMore

小説『メディック!』

#08 小説『メディック!』【第1章】1-7 俺×由良 夢のカケラ

第1章 俺×由良 夢のカケラ 1-7

前回のお話を読む(#07 第1章 1-6へ)
第1章をまとめて読む
はじめから読む(プロローグへ)


 ナオは専門学校の入学式を終え、学校生活と店の仕事と忙しくしていた。
 店のテーブルを拭きながら、ふとあることに気づいた。

 ――おかしい。あれから勇登が店に来ない。

 いつも来る人が来ないと、気になる。こちらも忙しかったし、別につきあってるわけでもないから、連絡はしなかった。勉強の邪魔になってもいけない。それでも、なんだかんだといって、週末には顔を出すことが多かった。

 同級生といい感じになった、とか――。
 高校時代勇登はモテたが、誰ともつきあわなかった。想い人がいた、からなのか。

 ――なんか、すっごく、気になる。
 ナオは頭を抱え、身をよじらせた。

 高1のはじめ、ナオは勇登のことをたいして気にしていなかった。勇登はいつも元気で自然とクラスの中心にいて、いつも太陽のような笑顔で笑っていた。ナオも明るい性格といわれることが多かったが、彼には遠く及ばなかった。
 クラスの女子は彼を見ては騒いでいたが、まるで興味がなかった。中学時代に自分がいたポジションを、彼に取られてしまったように感じていたからだった。

 しかし、ある日を境に、急に勇登のことが気になりはじめた。
 その日は朝から体調がすぐれず、体育のバスケの授業を見学した。他にも数人の女子がお腹が痛いといって見学したが、それは勇登のプレーを見るためだとすぐにわかった。本当に体調が悪い自分にとっては迷惑な話だった。

 バスケをする勇登は確かに光輝いて見えたし、本人も楽しそうだった。
 それなのに、授業が終わりみんなが更衣室に向かいはじめた一瞬、彼はすごく遠い目をしていた。気を抜いたら途端に吸い込まれてしまいそうな、深い哀しみの瞳。
 しかし、誰かが振り返ると、すでにいつもの彼に戻っていた。

 ――彼も「何か」を抱えている。

 はじめクラスの女子が騒いでるときは、なんとも思わなかった。
 でも、彼の中にあるであろう「何か」を見た途端、一気に気になりはじめた。それからも彼はふとした瞬間に、その瞳を見せた。 

 勇登の瞳は昔理科の授業で習った黒点のことを思い出させた。
 太陽の中にある黒いやつだ。

 彼がふとした瞬間見せる瞳は、まるで太陽のそれだった。普段は眩しくて全然見えないし、そんな部分があることも感じさせない。でも、確実に存在している。

 ――なにか、力になれないかな。

 純粋にそう思っていた。
 そんなとき、スーパーの総菜コーナーで勇登を見つけたのだ。彼が高校デビューに成功したかっこいい男子というだけだったら、きっと、
 あの日声をかけなかった――。

 そして、勇登がはじめて店に来た数週間後の朝、その事件は起きた。
 下駄箱で靴を履き替えようとすると、ゴミのような小さな紙切れが上履きの中に入っていた。

『今日行ってもいい?』
「――!!」

 紙には小さく汚い文字でそれだけ書かれていた。自分の顔が赤くなっていくのが手に取るようにわかった。
 ナオは動揺しながらその紙切れを、すぐにポッケにしまった。
 誰かに見られたらまずい。
 返事も教室ではできない。

 ナオは廊下ですれ違いざま「いいよ」と小さい声でいった。
 勇登の隣にいた男子には、こいつ何いってんだ、という目で見られたが、彼は笑い返してくれた。

 以来、勇登は母親が当直の日は必ず店に来るようになった。それまで、あまり店の手伝いをすることはなかったが、ナオも勇登が来る日は必ず店に立つようになった。
 勇登は休みの日にも来るようになった。店に立つ回数がおのずと増えた。

 勇登は一度母親と食事に来たことがあった。彼女は「いつも息子がお世話になってます」といって、当時名古屋で流行していた有名パティスリーの菓子折を持ってきてくれた。勇登がばつが悪そうな顔をしていても、母親はまるで知らん顔で自分のペースを貫いていた。
 きっと仲がいいのだと思った。
 そういったことも含めて、あの頃はなんだかすべてが楽しかった。

 ナオはこの日最後の客を見送ると、両腕を真っすぐ上に伸ばして思い切りあくびをした。
 時計を見ると、あと少しで閉店だった。

 次の瞬間、店のドアベルが勢いよく鳴った。

つづく(来週水曜日更新)

※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、組織、名称とは一切関係ありません。


目次を見る

メディック!を最初から読む

-小説『メディック!』
-, ,

© 2021 和泉りょう香