☆初回60分無料セッション受付中です! ☆自衛隊小説『メディック!』連載中! 

小説『メディック!』

2021/12/8

#34『メディック!』【第7章】 7-1 俺×母 降臨

第7章 俺×母 降臨 7-1 前回のお話を読む(#33第6章 6-5へ)第7章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) 第7章 俺×母 降臨  宗次が折り入って話があるというので、休日勇登は彼を喫茶PJに連れて来た。宗次もPJという名前に反応したが、意味は不明というとがっかりした。 勇登はいつものカウンターではなく、テーブル席に宗次と座った。 「俺、やばいかも」 宗次は開口一番そういった。  「なにが?」  宗次は辺りをキョロキョロと確認した。「……浅井さんのこと、好きになったかも」 「えぇ!あの男女 ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/12/8

#33『メディック!』【第6章】 6-5 ナオ×美夏 セラピスト

第6章 ナオ×美夏 セラピスト 6-5 前回のお話を読む(#32第6章 6-4へ)第6章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  翌日。  ナオは勇登に電話した。ナオは昨晩の『志島勇登について語る会(主に悪口)』が気に入ったらしく、美夏はしばらく泊めてもらえることになったからだ。 「勇登のやつ、たまに電話でなかったりするんだよね」 ナオは、またか、という顔をしていった。 「電話に気づかないなんて、ありえないわ」「そうなの?」 「自衛官は基本24時間勤務なの。呼集がかかれば、即呼ばれるの。だから、 ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/12/1

#32『メディック!』【第6章】 6-4 ナオ×美夏 セラピスト

第6章 ナオ×美夏 セラピスト 6-4 前回のお話を読む(#31第6章 6-3へ)第6章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  その夜。 美夏が風呂からあがると、氷水が用意されていた。 「そういえば、パイロット目指してるんだよね。さっきは墜落とかいってごめんね」  美夏はナオがそんなことまで気にしてくれたのかと驚いた。 勇登に連れられてここに来たときは、歓迎されてない気がして少し怖かったが、本当は優し人なんだ、と美夏は思った。 「いえ、大丈夫です。小学生の頃私が、墜落が怖い、っていったら志島君 ...

ReadMore

小説『メディック!』

#27『メディック!』【第5章】 5-6 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期

2021年10月20日

第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期 5-6

前回のお話を読む(#26第5章 5-5へ)
第5章をまとめて読む
はじめから読む(プロローグへ)


「な、あいつ!」
 飛び出しかけた勇登の腕を誰かが引いた。
 振り返ると、そこには五郎がいた。


 
 宗次は自分が飛び込んでいることに気づいた。

 ――本当は諦めたくなかった。だから、プールに戻ってきた。

 どうしてか水中ではすべてが鮮明に見え、これまでとは違う景色がそこに広がっていた。考えなくても身体は勝手に動いて、この後の動きも全てわかっていた。
 深いプールの底から見上げた水面は、キラキラと光を反射して、そこが目指すべき場所だと教えてくれた。

 宗次は一人で亜希央を引き上げると、ゴホゴホと激しく咳込む亜希央に怒鳴った。
「おい、馬鹿なことすんな!死ぬ気か!」

 間髪入れず亜希央がいい返した。
「そっちこそ、ふざけんな!」

 その剣幕のすごさに宗次はひるんだ。
「プールに入れませんだぁ?あんたは恵まれてんだよ!わかってんのか!弱音なんて失礼だ!あんたは選ばれた代表選手なんだよ。選ばれなかった人たちの想いを背負ってんだよ。それを、忘れんな!」

 亜希央は一呼吸おくと、今度は小さな声でいった。
「あんたは選ばれて、オレは選ばれなかった」

 亜希央はうずくまって続けた。
「あんたはできんだから、もっと自分を信じろ。負けんなよ、頼むよ。…………お願いします」

 びしょ濡れで訴える亜希央の姿に、宗次の心がギュッと締めつけられた。

 ――そう、自分は選ばれたのだ。

 合格をきいたときは本当に嬉しかった。なのに、過去の記憶に囚われて、大切な気持ちを忘れてしまっていた。


 亜希央は両手足を宗次に突き出すと「ほどけ!」と命令した。
 ロープがほどけると、亜希央は宗次に背を向け濡れて体に貼りつく作業服を気にしながら歩き出した。
 宗次が口を開こうとすると、亜希央は思い出したように「そういえば……」といって振り返ると、声を張った。
「あんたは一番体力あるって教えてやっただろ。誉め言葉もちゃんと受け取れ!自分いじめばっかしてないで、ちゃんと自分のいいところも受け取れっ!」

 宗次はこの間、亜希央にいわれたことを全否定したのを思い出した。

「……あ、ありがとう」

 それをきいた亜希央は、一瞬とても穏やかな目をしたが、すぐに宗次を睨むとがに股歩きで去っていった。


 残された宗次は、しばらくの時間、ずぶ濡れのままプールサイドに座った。

 ――自分いじめは、これ以上心が傷つかないための予防線だった。 

 いつも、できたところは完全無視して、ちょっとできないところを見つけては、自分をダメ出しして否定して、ちゃんとやれと罵声を浴びせた。

 そう、いつからか他の誰でもない、僕が一番自分をイジメるようになっていた。

 人が怖くて、いつも不安だった。
 信じていいのかわからなかった。
 だから、自らをいじめることで予防線を張ったんだ。

 再び悲劇が襲ってきても、平気な顔して耐えられるように――。


 宗次は再び服のままプールに飛び込むと泳ぎはじめた。

 それを見た吉海が、勢いよくプールに飛び込んだ。剣山も続く。
 勇登も行こうとすると、五郎が勇登にめくばせしていった。
「浅井のやつ、女にしておくのはもったいないだろ」

 勇登は力強くうなずくと、皆に続いて飛び込んだ。


 宗次はその後、教官に懇願し訓練に戻った。
 勇登たちも必要であれば同期全員で頭を下げるといったが、その必要はなかった。
 そして、全員無事に海上総合実習を終えた。


 つづく 


※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、組織、名称とは一切関係ありません。

メディック!を最初から読む 

目次を見る

『メディック!』自衛隊専門用語集

『メディック!』登場人物紹介

-小説『メディック!』
-, , ,

© 2021 和泉りょう香