☆自衛隊小説『メディック!』連載中です! ☆初回25分無料セッションも実施中!

小説『メディック!』

2021/7/21

#15『メディック!』【第2章】 2-6 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-6 前回のお話を読む(#14 第2章 2-5へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  救難員課程の試験が終わって数カ月が経っていた。  毎日午後3時位になると、勇登はひとりそわそわしていた。今日あたり合格者への通知がくるかもしれないと思ってしまうからだ。受かっていない確率の方が高かったが、結果を見るまではわからない。試験が終わってからも、勇登はこれまで自分に課していたトレーニングを、やめることはなかった。  合格発表というのは、どうしてこんなに緊張するのだ ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/7/21

#14『メディック!』【第2章】 2-5 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-5 前回のお話を読む(#13 第2章 2-4へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  全ての試験を終えた勇登は、部隊に持ち帰るお土産を買うためにBXにきていた。最後の課目は目標に届かなかったが、不思議と気分は清々しかった。 「よお、ヒーロー」 後ろからそうささやかれ、勇登は嫌々振り返った。 一番会いたくない奴、ジョンだった。 勇登は彼を無視して再びお菓子のパッケージに向き合った。しかし、ジョンはそんなことお構いなしで話を続けた。 「でも、お前は合格できない ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/7/14

#13『メディック!』【第2章】 2-4 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-4 前回のお話を読む(#12 第2章 2-3へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  ――3日目、体力測定、泳力測定。  雲一つない空の下、勇登が握力でジョンと張り合っていると、後ろからひときわ大きな声援が聞こえた。 「8、9、10、よし、あと2回!」 懸垂場所では、周りの受験者が懸垂する亜希央を応援していた。 懸垂の合格最低ラインは12回。女性自衛官も体力的には普通の女子が多い。しかし、彼女は細身ながらも無駄のない鍛え上げられた肉体をしていた。それに、W ...

ReadMore

小説『メディック!』

#14『メディック!』【第2章】 2-5 俺×受験者 救助

2021年7月14日

第2章 俺×受験者 救助 2-5

前回のお話を読む(#13 第2章 2-4へ)
第2章をまとめて読む
はじめから読む(プロローグへ)


 全ての試験を終えた勇登は、部隊に持ち帰るお土産を買うためにBXにきていた。最後の課目は目標に届かなかったが、不思議と気分は清々しかった。

「よお、ヒーロー」
 後ろからそうささやかれ、勇登は嫌々振り返った。
 一番会いたくない奴、ジョンだった。
 勇登は彼を無視して再びお菓子のパッケージに向き合った。しかし、ジョンはそんなことお構いなしで話を続けた。

「でも、お前は合格できない。今回は俺の勝ちだな」
 ジョンは勇登の顔を覗き込んでニヤリと笑うと、満足そうに去っていった。
 ジョンは普段無口で、しゃべったと思ったらいやみしかいわない、いけ好かない奴だった。勇登は持っていたカゴに、手羽先とか、みそカツとか書かれた菓子箱を無造作に投げ入れた。

「ねえ、君、WAFの子助けた志島君だよね」
 再び背後から話しかけられた。振り返ると制服姿の男が立っていた。初めてみる顔だ。胸元の名札には吉田の文字、胸板が厚いことは制服の上からでもわかった。でも顔は怖い印象はなく、どことなく笑みを浮かべていて優しそうな感じがした。

「僕、吉田宗次(よしだそうじ)、今回一緒に試験受けてたんだけど……」
 宗次は目じりにたくさんの皴を寄せて笑った。勇登より階級が一つ上の3曹だが、妙に腰が低い。

「それにしても志島君はすごいね。あんな状況で動けるなんて。僕はただ見てることしかできなかったから、尊敬するよ」

「はあ、どうも、ありがとうございます」
 今日は冷やかされたり、褒められたり、忙しい日だ。

「よければ、今夜隊員クラブに飲みにいかない?」
 勇登はその誘いを受けた。少し気晴らしをしたい気分だった。


 勇登は目の前に運ばれたビールをごくごくと喉を鳴らして飲んだ。風呂上がりのビールは格段にうまい。炭酸が五臓六腑に染み渡ると、テンションが上がってきた。
 ここに来る前、宗次と一緒に隊員浴場に行き色々話をした。彼は勇登の一期先輩だが、同い年ということや、出身は福岡県で職種は警戒管制であることがわかった。

「志島君はこれまで、試験のためにずっとトレーニングしてきたんだよね?」

「まあ、ね」
 宗次は先輩だが、同級生だから敬語はいらないというので、勇登は普通に答えた。

「今日のこと、……後悔してない?」

「……俺がそうしたかったから、そうした。っていうか、気づいたら潜ってた。だから、後悔のしようがない」

「へえ、かっこいいこといってくれるじゃん」
 そういいながら宗次がジョッキを持ち上げたので、勇登はそこに自分のジョッキをぶつけた。
 そして、お互いに一気に飲み干した。
 宗次にいったことは、嘘ではなかった。自分でも不思議だった。気づいたら亜希央を追いかけてたのだ。

 その夜は、閉店まで二人で飲み明かした。

 ――翌日。

 昨日少し飲み過ぎたことを反省しつつ、勇登は外来宿舎を出た。

「そこの助けてくれた人!」
 勇登の頭に、裏返って少し高い声が響いた。
 そこには作業服姿の亜希央がいた。

「……き、きのうは……」
 勇登は亜希央の顔に手をかざして言葉を遮った。

「いっとくけど、俺は自分の意志で動いた。だから、君はなんにも気にする必要がない。すべて俺が勝手にやったことだから」
 亜希央は何かいいたそうに口をパクパクさせた。
 勇登は構わず続けた。
「それに、次回も受けるんだろ?」
 それをきいた亜希央の目は一気に真剣みを増し、彼女は力強く頷いた。

「また会おう!」
 勇登はそういうと、亜希央に背を向けた。

「あ!き……、きのうは、ありがと!」
 勇登が振り返ると、真っ赤な顔の女子がいた。
 この一言が明日から、いや、今日帰ってから再びはじめるトレーニングの励みになる。

 勇登は満面の笑みを返すと、大量のお土産袋を抱え入間基地への帰路についた。

つづく

※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、組織、名称とは一切関係ありません。


目次を見る

メディック!を最初から読む

『メディック!』自衛隊専門用語集

『メディック!』登場人物紹介

-小説『メディック!』
-, ,

© 2021 和泉りょう香