☆自衛隊小説『メディック!』連載中です! ☆初回25分無料セッションも実施中!

小説『メディック!』

2021/7/21

#15『メディック!』【第2章】 2-6 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-6 前回のお話を読む(#14 第2章 2-5へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  救難員課程の試験が終わって数カ月が経っていた。  毎日午後3時位になると、勇登はひとりそわそわしていた。今日あたり合格者への通知がくるかもしれないと思ってしまうからだ。受かっていない確率の方が高かったが、結果を見るまではわからない。試験が終わってからも、勇登はこれまで自分に課していたトレーニングを、やめることはなかった。  合格発表というのは、どうしてこんなに緊張するのだ ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/7/21

#14『メディック!』【第2章】 2-5 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-5 前回のお話を読む(#13 第2章 2-4へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  全ての試験を終えた勇登は、部隊に持ち帰るお土産を買うためにBXにきていた。最後の課目は目標に届かなかったが、不思議と気分は清々しかった。 「よお、ヒーロー」 後ろからそうささやかれ、勇登は嫌々振り返った。 一番会いたくない奴、ジョンだった。 勇登は彼を無視して再びお菓子のパッケージに向き合った。しかし、ジョンはそんなことお構いなしで話を続けた。 「でも、お前は合格できない ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/7/14

#13『メディック!』【第2章】 2-4 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-4 前回のお話を読む(#12 第2章 2-3へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  ――3日目、体力測定、泳力測定。  雲一つない空の下、勇登が握力でジョンと張り合っていると、後ろからひときわ大きな声援が聞こえた。 「8、9、10、よし、あと2回!」 懸垂場所では、周りの受験者が懸垂する亜希央を応援していた。 懸垂の合格最低ラインは12回。女性自衛官も体力的には普通の女子が多い。しかし、彼女は細身ながらも無駄のない鍛え上げられた肉体をしていた。それに、W ...

ReadMore

小説『メディック!』

#15『メディック!』【第2章】 2-6 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-6

前回のお話を読む(#14 第2章 2-5へ)
第2章をまとめて読む
はじめから読む(プロローグへ)


 救難員課程の試験が終わって数カ月が経っていた。

 毎日午後3時位になると、勇登はひとりそわそわしていた。今日あたり合格者への通知がくるかもしれないと思ってしまうからだ。受かっていない確率の方が高かったが、結果を見るまではわからない。試験が終わってからも、勇登はこれまで自分に課していたトレーニングを、やめることはなかった。

 合格発表というのは、どうしてこんなに緊張するのだろうか。自信満々で×の場合もあるし、駄目だと思っていたのに〇ということもある。期待とは逆の方向にいきそうで、最後は考えるのをやめたくなる。

「志島!」
 総括班に命令受領にいっていた先輩が勇登を呼んだ。
 そして、おもむろに一枚の紙を渡した。
 先輩は、それを見ろ、と目で合図した。
 試験の合否者名簿に間違いなかった。

 ――頼む!

 勇登は恐る恐るその紙を覗き込んだ。

「――おっしゃぁ!」

 自分の名前を見つけた瞬間、思わず声が出た。
 駄目だと思っていたのに合格したパターンだ。
 名簿には全部で五名の名前があった。勇登は宗次とジョンの名前を見つけた。無意識に亜希央の名前を探したが、あとの二人は知らない人物だった。

 そのとき、職場の電話が鳴った。音で他部隊からの内線だとわかった。
 勇登は、すかざす取った。

「はい。消防小隊、志島士長です」
「合格おめでとう」
 名乗りもせずそういったのは、由良だった。

「情報早いね」
「あんた、私を誰だと思ってるの」
 勇登の母は2等空佐志島由良、総務幹部だ。

「失礼しました。志島2佐」
「ふざけてんじゃないわよ。……あんたが受かったってことは、落ちた人もいるんだから、気合いれて行きなさいよ」

 核心をついた由良の言葉に、勇登は背筋を伸ばした。

第3章へつづく

※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、組織、名称とは一切関係ありません。


目次を見る

メディック!を最初から読む

『メディック!』自衛隊専門用語集

『メディック!』登場人物紹介

-小説『メディック!』
-, ,

© 2021 和泉りょう香