☆初回60分無料セッション受付中です! ☆自衛隊小説『メディック!』連載中! 

小説『メディック!』

2021/9/15

#22『メディック!』【第5章】 5-1 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期

第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期 5-1 前回のお話を読む(#21第4章 4-3へ)第5章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) 第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期  水面を見上げると、自分の鼻から漏れた息が円になって水面にあがっていくのが見えた。 力を振り絞って足裏で水を蹴る。 プールサイドに立つ数人の人影は、水のフィルターを通して歪んで見えた。 水面に近づいた瞬間、何か棒のようなもので押されて再び水中に返された。 遥か下にある底を見ると、暗い海の底に引きずり込まれる感覚にな ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/9/15

#21『メディック!』【第4章】 4-3 俺×教官 メディックの種

第4章 俺×教官 メディックの種 4-3 前回のお話を読む(#20第4章 4-2へ)第4章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ)  その夜。  吉海の音頭で4枚目の写真を撮ることになった。入校式を記念しての写真だ。  今回は全員飛行服と決まった。飛行服は、搭乗員にしか支給されない。OD色のツナギで首から股下まで延びる銀のファスナー、ウエストの両サイドはマジックテープになっており、自分のサイズに合わせて調節が可能だ。腿の当たりにはメモをはさめるクリップ。ズボン部分の裾もファスナーで開け閉めができ、飛行 ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/9/8

#20『メディック!』【第4章】 4-2 俺×教官 メディックの種

第4章 俺×教官 メディックの種 4-2 前回のお話を読む(#19 第4章 4-1へ)第4章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  ――7月。  突き抜けるような晴天が夏の訪れを感じさせる日、小牧基地で救難員課程の入校式が実施された。  勇登が救難教育隊に転属してもう5カ月となるが、ここからが本当のスタートといってもいい。入校式を終えれば、そこから24週間の過酷な訓練を乗り越えなければならない。UH-60Jでの落下傘降下を含めた飛行実習、夏季山岳実習、海上総合実習、そして最後に、冬季山岳実習を ...

ReadMore

小説『メディック!』

#15『メディック!』【第2章】 2-6 俺×受験者 救助

2021年7月21日

第2章 俺×受験者 救助 2-6

前回のお話を読む(#14 第2章 2-5へ)
第2章をまとめて読む
はじめから読む(プロローグへ)


 救難員課程の試験が終わって数カ月が経っていた。

 毎日午後3時位になると、勇登はひとりそわそわしていた。今日あたり合格者への通知がくるかもしれないと思ってしまうからだ。受かっていない確率の方が高かったが、結果を見るまではわからない。試験が終わってからも、勇登はこれまで自分に課していたトレーニングを、やめることはなかった。

 合格発表というのは、どうしてこんなに緊張するのだろうか。自信満々で×の場合もあるし、駄目だと思っていたのに〇ということもある。期待とは逆の方向にいきそうで、最後は考えるのをやめたくなる。

「志島!」
 総括班に命令受領にいっていた先輩が勇登を呼んだ。
 そして、おもむろに一枚の紙を渡した。
 先輩は、それを見ろ、と目で合図した。
 試験の合否者名簿に間違いなかった。

 ――頼む!

 勇登は恐る恐るその紙を覗き込んだ。

「――おっしゃぁ!」

 自分の名前を見つけた瞬間、思わず声が出た。
 駄目だと思っていたのに合格したパターンだ。
 名簿には全部で五名の名前があった。勇登は宗次とジョンの名前を見つけた。無意識に亜希央の名前を探したが、あとの二人は知らない人物だった。

 そのとき、職場の電話が鳴った。音で他部隊からの内線だとわかった。
 勇登は、すかざす取った。

「はい。消防小隊、志島士長です」
「合格おめでとう」
 名乗りもせずそういったのは、由良だった。

「情報早いね」
「あんた、私を誰だと思ってるの」
 勇登の母は2等空佐志島由良、総務幹部だ。

「失礼しました。志島2佐」
「ふざけてんじゃないわよ。……あんたが受かったってことは、落ちた人もいるんだから、気合いれて行きなさいよ」

 核心をついた由良の言葉に、勇登は背筋を伸ばした。

第3章へ

※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、組織、名称とは一切関係ありません。


目次を見る

メディック!を最初から読む

『メディック!』自衛隊専門用語集

『メディック!』登場人物紹介

-小説『メディック!』
-, ,

© 2021 和泉りょう香