☆自衛隊小説『メディック!』連載中です! ☆初回25分無料セッションも実施中!

小説『メディック!』

2021/7/21

#15『メディック!』【第2章】 2-6 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-6 前回のお話を読む(#14 第2章 2-5へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  救難員課程の試験が終わって数カ月が経っていた。  毎日午後3時位になると、勇登はひとりそわそわしていた。今日あたり合格者への通知がくるかもしれないと思ってしまうからだ。受かっていない確率の方が高かったが、結果を見るまではわからない。試験が終わってからも、勇登はこれまで自分に課していたトレーニングを、やめることはなかった。  合格発表というのは、どうしてこんなに緊張するのだ ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/7/21

#14『メディック!』【第2章】 2-5 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-5 前回のお話を読む(#13 第2章 2-4へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  全ての試験を終えた勇登は、部隊に持ち帰るお土産を買うためにBXにきていた。最後の課目は目標に届かなかったが、不思議と気分は清々しかった。 「よお、ヒーロー」 後ろからそうささやかれ、勇登は嫌々振り返った。 一番会いたくない奴、ジョンだった。 勇登は彼を無視して再びお菓子のパッケージに向き合った。しかし、ジョンはそんなことお構いなしで話を続けた。 「でも、お前は合格できない ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/7/14

#13『メディック!』【第2章】 2-4 俺×受験者 救助

第2章 俺×受験者 救助 2-4 前回のお話を読む(#12 第2章 2-3へ)第2章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  ――3日目、体力測定、泳力測定。  雲一つない空の下、勇登が握力でジョンと張り合っていると、後ろからひときわ大きな声援が聞こえた。 「8、9、10、よし、あと2回!」 懸垂場所では、周りの受験者が懸垂する亜希央を応援していた。 懸垂の合格最低ラインは12回。女性自衛官も体力的には普通の女子が多い。しかし、彼女は細身ながらも無駄のない鍛え上げられた肉体をしていた。それに、W ...

ReadMore

小説『メディック!』

#13『メディック!』【第2章】 2-4 俺×受験者 救助

2021年7月7日

第2章 俺×受験者 救助 2-4

前回のお話を読む(#12 第2章 2-3へ)
第2章をまとめて読む
はじめから読む(プロローグへ)


 ――3日目、体力測定、泳力測定。

 雲一つない空の下、勇登が握力でジョンと張り合っていると、後ろからひときわ大きな声援が聞こえた。

「8、9、10、よし、あと2回!」
 懸垂場所では、周りの受験者が懸垂する亜希央を応援していた。
 懸垂の合格最低ラインは12回。女性自衛官も体力的には普通の女子が多い。しかし、彼女は細身ながらも無駄のない鍛え上げられた肉体をしていた。それに、WAFの場合体力測定の懸垂は斜め懸垂だが、これは普通の懸垂だ。真っ赤な顔を鉄棒まで引き上げるのを見て、勇登も応援したい気持ちになった。

「12!」
 その瞬間、それまで冷静に計測していた測定員が小さくガッツポーズしたが、すぐになおった。
 そんな亜希央の姿を見て、勇登も気合を入れなおした。

 体力測定を終え昼食を済ませた受験者たちは、今度はプールサイドに集まっていた。
 勇登は最後の試験に備えて、昼食は満腹にならないように調整した。これまで、学科、面接、体力測定と手ごたえは十分に思えた。後は最後の泳力測定を全力でやりきれば、試験が終わる。

 クロール、平泳ぎ、自由形、横潜水、呼吸停止、縦潜水、浮き身の連続測定が終わり、最後の立ち泳ぎに移ったとき、受験者はみなフラフラしていた。勇登も数日に及ぶ試験の緊張と、午前の体力測定で疲労はピークだった。

 この訓練用の深い深いプールの水面に5分浮かんでいられればよいのだ。
 これを頑張ればすべてが終わる。
 勇登は両手で頬を2、3度叩くとでプールに入った。
 勇登の隣には亜希央が並んだ。昨日の出来事を思い出すといろんな疑問がうかんだが、今は自分のことに集中した。

 目標時間は5分。
 心だけは落ち着かせて、懸命に手足を動かし続ける。
 2分経過。
 3分経過。
 あと1分で5分――。

 と、勇登の視界から亜希央が消えた。
 
 ――!?

 プールサイドがざわつく前に、勇登は潜っていた。
 真っすぐに沈む亜希央を追う。勇登は彼女を少し追い越し腰をつかむと、渾身の力で水面を蹴り上げて浮上した。そして、勇登と同時に飛び込んていた監視員と一緒に、亜希央を引き上げた。
 亜希央は少し水を飲んでしまったようで、ごほごほした。

「……両足、つ……って……」
 引きつり顔の亜希央がそういっている間に、監視員は既に彼女の足の筋肉を伸ばしていた。

 勇登の測定結果は4分3秒と記録された。

 その後も、残りの受験者の測定が淡々と行われた。すべての計測を終え、試験官が試験を終わらせようとしたとき、亜希央が立ち上がった。

「熊野曹長、彼にもう一度やらせてあげてください!」

 亜希央は必至の表情で勇登を指し示した。
 強面の試験官は、表情を変えることなくいった。

「救難にもう一度はない。試験は終わりだ。解散」

つづく

※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、組織、名称とは一切関係ありません。


目次を見る

メディック!を最初から読む

『メディック!』自衛隊専門用語集

『メディック!』登場人物紹介

-小説『メディック!』
-, ,

© 2021 和泉りょう香