☆初回60分無料セッション受付中です! ☆自衛隊小説『メディック!』連載中! 

小説『メディック!』

2021/12/8

#34『メディック!』【第7章】 7-1 俺×母 降臨

第7章 俺×母 降臨 7-1 前回のお話を読む(#33第6章 6-5へ)第7章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) 第7章 俺×母 降臨  宗次が折り入って話があるというので、休日勇登は彼を喫茶PJに連れて来た。宗次もPJという名前に反応したが、意味は不明というとがっかりした。 勇登はいつものカウンターではなく、テーブル席に宗次と座った。 「俺、やばいかも」 宗次は開口一番そういった。  「なにが?」  宗次は辺りをキョロキョロと確認した。「……浅井さんのこと、好きになったかも」 「えぇ!あの男女 ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/12/8

#33『メディック!』【第6章】 6-5 ナオ×美夏 セラピスト

第6章 ナオ×美夏 セラピスト 6-5 前回のお話を読む(#32第6章 6-4へ)第6章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  翌日。  ナオは勇登に電話した。ナオは昨晩の『志島勇登について語る会(主に悪口)』が気に入ったらしく、美夏はしばらく泊めてもらえることになったからだ。 「勇登のやつ、たまに電話でなかったりするんだよね」 ナオは、またか、という顔をしていった。 「電話に気づかないなんて、ありえないわ」「そうなの?」 「自衛官は基本24時間勤務なの。呼集がかかれば、即呼ばれるの。だから、 ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/12/1

#32『メディック!』【第6章】 6-4 ナオ×美夏 セラピスト

第6章 ナオ×美夏 セラピスト 6-4 前回のお話を読む(#31第6章 6-3へ)第6章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  その夜。 美夏が風呂からあがると、氷水が用意されていた。 「そういえば、パイロット目指してるんだよね。さっきは墜落とかいってごめんね」  美夏はナオがそんなことまで気にしてくれたのかと驚いた。 勇登に連れられてここに来たときは、歓迎されてない気がして少し怖かったが、本当は優し人なんだ、と美夏は思った。 「いえ、大丈夫です。小学生の頃私が、墜落が怖い、っていったら志島君 ...

ReadMore

小説『メディック!』

#28『メディック!』【第5章】 5-7 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期

2021年10月27日

第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期 5-7

前回のお話を読む(#27第5章 5-6へ)
第5章をまとめて読む
はじめから読む(プロローグへ)


 訓練終了後、勇登は宗次に呼び出され、橋の上に来た。

「浅井さんって、扉全閉してても、勢いだけでぶち破ってくるような人だな」
 宗次が呆れ顔で、でも少し嬉しそうにいった。

「俺、そういう人、他にも知ってる」
 勇登には母の顔が思い浮かんでいた。
 ただ、彼女の場合は、開かないドアは開くまで執拗にノックし続ける感じだろうか。それはそれで恐ろしい。
「WAFはそういうやつが多いのかもな。自衛隊だし」

 勇登はそういって笑うと、宗次も笑顔でいった。
「でも、今回は本当に助かった。今度、お礼しなきゃな」

 目の前の誘導路を、真っ赤に染まったC-130が滑走していく。今日の飛行場地区はどこか美しく見えた。

 しばらくすると宗次が口を開いた。
「勇登にさ、試験の日に俺が感動したって話しただろ。それまではただ強くなりたいって漠然とした想いだったけど、あの日目指すべきビジョンがはっきりと見えたんだ。入校してみて、急にあんな風になれるわけじゃない、って痛いほどわかった。苦しいし、つらいけど、あの光景が俺を支えた。だから、絶対にやめたくなかったんだ。今回の訓練が終わって、怖さや不安を乗り越える勇気のある人が、強い人間なんだって思うようになった」

「そうだな」

「……あのとき、浅井3曹のロープ、すっごくきつく縛ってあった。俺、信用してもらえたのかな」

 それをきいた勇登は、男らし過ぎる亜希央にちょっと嫉妬した。
「そうかもな。でも、俺ははじめから宗次なら大丈夫だ、って思ってたぜ」

 宗次は苦笑いした。
「ほんとかよ。俺のことストーキングしてただけな気がする」

「ひっで、俺はなあ……!」

「わかってる。そばにいてくれたんだよな。ありがとうな。勇登」

 あまりに素直な宗次の言葉に、勇登の顔も赤くなった。
 それを見て宗次は笑ったかと思うと、急に真顔になった。
「なあ、勇登」
 宗次は勇登に一歩にじり寄ると、目をじっと見てきた。

「な、なんだよ」
 勇登は心の中を見透かされそうな気がして、目を逸らした。

「愛してるよ」

「――なっ!」
 勇登が耳まで真っ赤になると、それを見た宗次は、腹を抱えてげらげらと笑った。

 5枚目の写真撮影は、吉海の提案でプールの前ですることになった。プールサイドでは亜希央が待っていた。どうやら、吉海が手配したらしい。

「なんだ、こいつは関係ないだろ」
 そういうジョンを、剣山が穏やかに絞めた。
 亜希央は「やっぱり、帰る!」といい出したが、吉海がうまいことなだめて、撮影に持ち込んだ。

 海パン姿の男五人と、作業服でそっぽを向いた亜希央の写真は、宗次にとって思い出の1枚となった。

 第6章へつづく


※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、組織、名称とは一切関係ありません。

メディック!を最初から読む 

目次を見る

『メディック!』自衛隊専門用語集

『メディック!』登場人物紹介

-小説『メディック!』
-, , ,

© 2021 和泉りょう香