小説『メディック!』

#56『メディック!』【第12章】 12-4 俺×五郎 判断

第12章 俺×五郎 判断 12-4

前回のお話を読む(#55 第12章 12-3へ)
第12章をまとめて読む
はじめから読む(プロローグへ)


 五郎隊は、無事崖下に到着した。

「大丈夫ですか!?航空自衛隊の者です。救助にきました」

 勇登がそういうと、少し太めの男性は顔を覆っていた腕を外し、うっすらと目を開けた。額には艶があり、この雪の中でも血色がよさそうに見えた。年齢は40前後といったところか。

「どこか痛いところはありますか?」
「うぅ……」

 男性はかろうじで意識のある状態だった。
 勇登は男性の足元にしゃがんでいた五郎を見た。

 ――!!

 勇登の心臓は、一度大きく跳ねた。
 左膝から下が通常ではない方向を向いていた。
 五郎は何ごともなかったように素早く男性の足に板を添わせた。自分たちが大騒ぎしたら、彼が不安になるだけだ。勇登は平静を装って、男性への声かけを続けた。

 そして、男性を連れた五郎隊はピックアップポイントへの移動を開始した。


 ピックアップポイント到着の頃には、日没を迎え辺りは真っ暗になっていた。

 ――蜘蛛の糸みたいだ。

 ヘリからのダウンライトに照らされた、一本のワイヤーを見て勇登は思った。
 雲の切れ間を縫って救難隊のUH60-Jが到着した。
 未だ雲が多く天候は不安定だった。

「はじめに、要救助者と沢井だ」
 五郎が端的にいった。
「俺は勇登の後で構いません」
 ジョンはすぐにそういい返した。

「お前、本当は体調悪いだろ」
「!」

「顔に出てんだよ。いうとおりにしろ」

 ジョンと担架に乗せられた男性が、ゆっくり吊り上げられていった。

 風が強まると同時に、大量の雪が降りはじめた。雪雲がヘリの上を覆い始めた。
 地上からロープで担架のバランスを取っていた五郎の表情が厳しさを増した。ヘリが大きく揺れ、吊られた二人も激しく揺れた。それに合わせて見守る勇登の顔も大きく揺れた。
 一瞬風が止み、ヘリはバランスを取り戻し、二人は無事ヘリに収容された。

 再びワイヤーが下ろされるはずだった。しかし、ヘリは大きなダウンウォッシュで、勇登たちを抑えつけると、そのまま飛び立ってしまった。

「――え?」
 降りしきる雪の中、勇登は呆然と五郎を見た。

「天候が限界だ。ビバークするぞ」
 五郎は再び装具を背負いながら、当然のことのように勇登にいった。

 ――皮肉だな。
 いつも、あともう少しの時間を、神様はくれない――。

 五郎は勇登を引きつれて、ビバークする場所に向かった。
 いつも訓練で使っている山だったことが不幸中の幸いだった。
 すぐ近くにいい場所がある。

 ――どうやら今回は学生じゃなくて、俺の試験らしい。

 五郎は降りしきる雪の中を、確固たる足取りで進んだ。


 第13章へつづく


※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、組織、名称とは一切関係ありません。

メディック!を最初から読む 

目次を見る

『メディック!』自衛隊専門用語集

『メディック!』登場人物紹介

-小説『メディック!』
-, , ,

© 2022 和泉りょう香