☆初回60分無料セッション受付中です! ☆自衛隊小説『メディック!』連載中! 

小説『メディック!』

2021/10/20

#27『メディック!』【第5章】 5-6 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期

第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期 5-6 前回のお話を読む(#26第5章 5-5へ)第5章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) 「な、あいつ!」 飛び出しかけた勇登の腕を誰かが引いた。 振り返ると、そこには五郎がいた。 *  宗次は自分が飛び込んでいることに気づいた。  ――本当は諦めたくなかった。だから、プールに戻ってきた。  どうしてか水中ではすべてが鮮明に見え、これまでとは違う景色がそこに広がっていた。考えなくても身体は勝手に動いて、この後の動きも全てわかっていた。 深いプールの ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/10/20

#26『メディック!』【第5章】 5-5 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期

第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期 5-5 前回のお話を読む(#25第5章 5-4へ)第5章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  訓練終了後の教官室では、宗次の件が議題になっていた。 武造からことの詳細をきいた五郎は、もうしばらく様子を見る、という決断をして本日は解散となった。  武造は小さく息をついた。 今回先輩教官の補佐を受けながら、自分が水難救助訓練をメインで担当している。責任ある仕事だ。 ここ数日、頭には常に宗次のことが張り付いている。 寝ても覚めても彼のこと。 はっきりい ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/10/13

#25『メディック!』【第5章】 5-4 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期

第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期 5-4 前回のお話を読む(#24第5章 5-3へ)第5章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  その夜、ベッドに横たわった宗次は、真っ暗な天井を見つめていた。あの後訓練に戻ったが、座学の授業だったので、プールに入ることはなかった。  酸素ポンべを使った訓練は、お互いの信用があってはじめて成り立つ訓練だ。 プールの角から次の角に移動するとき、前にいた人が譲ってくれると信じれるから、今いるボンベを離れることができるのだ。 昔プールでいじめられたとき、奴 ...

ReadMore

小説『メディック!』

#11『メディック!』【第2章】 2-2 俺×受験者 救助

2021年6月23日

第2章 俺×受験者 救助 2-2

前回のお話を読む(#10 第2章 2-1へ)
第2章をまとめて読む
はじめから読む(プロローグへ)


 ナオは店を後にする勇登の背中を見て、小さく息をついた。
 勇登の入隊と同時期に、ナオは調理の専門学校を卒業した。卒業後は一度どこかに修業に出ようか迷った。祖母と母も「店は気にせず行ってきな」といってくれたが、ここに残ることに決めた。

 店は現在、朝が祖母とパートの人、昼から夜は母とナオ、夜の食事の客が帰ってから閉店まではナオ、という流れができている。
 今では主力メンバーになりつつあるが、子どもの頃はこの仕事に全く興味を持てなかった。どことなく昭和の雰囲気が漂う古い店内はよくいえばレトロだが、思春期の女子はおしゃれなカフェのほうがいいに決まっている。
 それに、実家が店をやっていると、朝も昼も夜も忙しいからあまり構ってもらえないし、遠出の旅行にも連れていってもらえなかった。だから、自分は勤務時間が決まってて、きちんと休暇が取れる仕事に就こうと密かに考えていた。
 それが笑顔でレバニラを食べるヤツの姿見たさに、この仕事をするようになってしまった。しかし、きっかけはなんであれ、今ではこの仕事が楽しいし好きだった。

 そう、実家を離れなかった理由は、決してたまに現れるレバニラ男のためではない。


 ただ勇登に出会ってから、自衛隊のことを知れたのはよかった。それまでは、同じ市内にあることは知っていたが、特段気にしたことはなかった。関心のない情報は、勝手に入ってくることはなくて、自ら得ようとしなければ入ってこないのだ。
 勇登の入隊をきっかけに、多少はそちらにアンテナを張るようになった。年に一度、小牧基地で航空祭というのがあることも、勇登からきいてはじめて知った。
 そして、勇登がメディックの夢を思い出した年、航空祭に誘われた。飛行機云々より、誘ってくれたことが嬉しかった。
 しかし、当日の朝になって、急に熱を出して、結局一緒に行くことはできなかった。いつもは元気いっぱいなのに、どうしてかあの日に限ってそうなったのだ。

 勇登は帰省の度に、自衛隊やそこで出会った人の話をしてくれた。
 トレーニングを積みながら夢を追いかけてる姿もけっこう好きだった。

 ――試験に受かったら、もっと遠くに行っちゃいそうだな。

 ナオは店の前を通り過ぎる車を、見慣れたレースカーテン越しにぼんやりと眺めた。

つづく

※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、組織、名称とは一切関係ありません。


目次を見る

メディック!を最初から読む

『メディック!』自衛隊専門用語集

『メディック!』登場人物紹介

-小説『メディック!』
-, ,

© 2021 和泉りょう香