☆初回60分無料セッション受付中です! ☆自衛隊小説『メディック!』連載中! 

小説『メディック!』

2021/10/20

#27『メディック!』【第5章】 5-6 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期

第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期 5-6 前回のお話を読む(#26第5章 5-5へ)第5章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) 「な、あいつ!」 飛び出しかけた勇登の腕を誰かが引いた。 振り返ると、そこには五郎がいた。 *  宗次は自分が飛び込んでいることに気づいた。  ――本当は諦めたくなかった。だから、プールに戻ってきた。  どうしてか水中ではすべてが鮮明に見え、これまでとは違う景色がそこに広がっていた。考えなくても身体は勝手に動いて、この後の動きも全てわかっていた。 深いプールの ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/10/20

#26『メディック!』【第5章】 5-5 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期

第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期 5-5 前回のお話を読む(#25第5章 5-4へ)第5章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  訓練終了後の教官室では、宗次の件が議題になっていた。 武造からことの詳細をきいた五郎は、もうしばらく様子を見る、という決断をして本日は解散となった。  武造は小さく息をついた。 今回先輩教官の補佐を受けながら、自分が水難救助訓練をメインで担当している。責任ある仕事だ。 ここ数日、頭には常に宗次のことが張り付いている。 寝ても覚めても彼のこと。 はっきりい ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/10/13

#25『メディック!』【第5章】 5-4 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期

第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期 5-4 前回のお話を読む(#24第5章 5-3へ)第5章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  その夜、ベッドに横たわった宗次は、真っ暗な天井を見つめていた。あの後訓練に戻ったが、座学の授業だったので、プールに入ることはなかった。  酸素ポンべを使った訓練は、お互いの信用があってはじめて成り立つ訓練だ。 プールの角から次の角に移動するとき、前にいた人が譲ってくれると信じれるから、今いるボンベを離れることができるのだ。 昔プールでいじめられたとき、奴 ...

ReadMore

小説『メディック!』

#24『メディック!』【第5章】 5-3 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期

2021年9月29日

第5章 (宗次×亜希央)+俺 もう一人の同期 5-3

前回のお話を読む(#23第5章 5-2へ)
第5章をまとめて読む
はじめから読む(プロローグへ)


 翌日。プールでは再び同じことが繰り返されていた。

「もう、帰れ、やめちまえ」
 武造は宗次に冷たくいい放った。

「帰りません。やらせてください」
「できねー奴がいると、他の学生の訓練にならねーんだよ」

「――!」
 宗次は四つん這いで荒い呼吸のまま武造を見上げた。

 沈黙するしかなかった。そうだ、自分のせいで皆が訓練できていない。それさえもわからないなんて、

 僕は本当に駄目だ――。
 

 ――参ったな。

 亜希央は欄干に手をついて川を見ている宗次を見て思った。

 外周道路を走り終わって、戻ってきたのはいいが、いきなり問題にぶち当たった。
 最近吉田宗次がやばいというのは、風の噂で知っている。この時間、ここに一人でいるのは、明らかにおかしい。
 今日はこの間の休日のWAF当直の代休だ。この後は、シャワーを浴びて外出する予定なのだ。しかし、この橋を通らなければ、隊舎に帰れない。
 道路閉鎖もいいところだ。

 彼は自分より1年早く入隊してる先輩ではあるが、整備の専門学校に2年行っていた分、年齢は自分のほうが上、階級は同じ。いつも志島勇登と一緒にいる印象があるが、個別に話したことはない。

 話しかけるべきか、スルーすべきか。

 ――ここは、スルーだろ。
 亜希央は宗次の後ろを通り過ぎた。

 ――やっぱ、ちがう。

 彼のパーソナルスペースを横切った瞬間、彼の中に背中を丸めた小さな子を見てしまった。

 放っておけない――。

 振り返ると、宗次の横顔に話しかけた。
「そんなに見つめて、人面魚でもいるのか?」

「……人面魚、ってなに?」

「知らんの?こう、額の辺りの模様が顔みたいに見える魚」
 亜希央は自分の額に円を描くようにして説明した。

「……へえ」

「オレんち、親父が鯉飼ってて、それっぽいのいたんだよ」
 亜希央は川を覗き込んだが、こんな日に限って魚が一匹もいない。
 話題終了だ。

「……毎日、走ってるよね。次の試験のため?」

 宗次から口を開いてくれて、亜希央は少しほっとして答えた。
「……本当は無理だって知ってるけど、諦めたくないからな」

「無理?なにが?」
 宗次は首をかしげた。

「メディックになるには、あんたらがこの間卒業した第一空挺団を出なきゃならない、けど、今現在女は入校できない。救難員の試験自体は受けられるけど、万が一受かったとしても、救難員にはなれない、ってこと」

「……知らなかった」

「黙って立ちすくんでても、誰も変えてくれない。自分から動かなきゃ何も変わらない」
 亜希央は視線を川から、飛行場地区に移していた。
「ま、それ以前に自分の体力が追いついてないから、まずはそっちだけどな」

「浅井3曹は、僕と違ってすごいな。僕なんて全然駄目だから……」

 亜希央は欄干を掴んで、腕を伸ばしながらいった。
「……なあ、その自分いじめやめない?別の人間なんだから違って当たり前だろ。どうせ、さっきも『僕は駄目だ。弱い奴だ』って、自分で自分をいじめてたんだろ? 」

「な、なんでわかったの?」
 宗次は驚きの表情で、亜希央を見た。

「……」
 亜希央は前を向いたまま、宗次の質問には答えなかった。

「君のいうとおりだよ。ここで、ずっと自分を責めてた」

「吉田3曹がドM体質で、それでやる気でるっていうなら、別に止めないけど」

 宗次は吹きだした。
「ど、えむって……。浅井3曹は面白いね」

「オレはあんたのこと、今期では一番体力あると思ってるけど」

「――そんなの、全然ないよ!」
 宗次は急に真顔になると、全力で否定した。
 しかし、すぐに亜希央の困った顔に気づいて「……ごめん」というと、今度は子どもみたいな無邪気な笑顔を見せた。
 

 亜希央は宗次が訓練に戻っていくのを、橋の上から見送った。励ますどころか、ただ思いついたことをいって、最後は謝らせて、なんだか申し訳ない気持ちになった。

 ――自分に厳し過ぎるんだ。

 だから、相手の肯定は受け取らず、否定だけを言葉どおりに全部受け取って、傷ついてしまうのかもしれない。教官の愛の鞭を意訳せずにそのまま受け取っていたら、心は血だらけの傷だらけになってしまうだろうに。

『どうしてそう考えていると、わかったのか――?』

 彼はさっきそうきいた。

 ――自分も同じだから。

 本当はそう答えたかった。
 でも、いってあげられなかった。
 それで、彼の心が少し軽くなったかもしれないのに。

 この頑固さは父親譲りだから、しょうがない――。

 亜希央は橋の真ん中で空に向かって「ふうっ」というと、外周道路に向かって再び走り出した。


つづく


※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、組織、名称とは一切関係ありません。

メディック!を最初から読む 

目次を見る

『メディック!』自衛隊専門用語集

『メディック!』登場人物紹介

-小説『メディック!』
-, , ,

© 2021 和泉りょう香