☆初回60分無料セッション受付中です! ☆自衛隊小説『メディック!』連載中! 

小説『メディック!』

2021/12/8

#34『メディック!』【第7章】 7-1 俺×母 降臨

第7章 俺×母 降臨 7-1 前回のお話を読む(#33第6章 6-5へ)第7章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) 第7章 俺×母 降臨  宗次が折り入って話があるというので、休日勇登は彼を喫茶PJに連れて来た。宗次もPJという名前に反応したが、意味は不明というとがっかりした。 勇登はいつものカウンターではなく、テーブル席に宗次と座った。 「俺、やばいかも」 宗次は開口一番そういった。  「なにが?」  宗次は辺りをキョロキョロと確認した。「……浅井さんのこと、好きになったかも」 「えぇ!あの男女 ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/12/8

#33『メディック!』【第6章】 6-5 ナオ×美夏 セラピスト

第6章 ナオ×美夏 セラピスト 6-5 前回のお話を読む(#32第6章 6-4へ)第6章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  翌日。  ナオは勇登に電話した。ナオは昨晩の『志島勇登について語る会(主に悪口)』が気に入ったらしく、美夏はしばらく泊めてもらえることになったからだ。 「勇登のやつ、たまに電話でなかったりするんだよね」 ナオは、またか、という顔をしていった。 「電話に気づかないなんて、ありえないわ」「そうなの?」 「自衛官は基本24時間勤務なの。呼集がかかれば、即呼ばれるの。だから、 ...

ReadMore

小説『メディック!』

2021/12/1

#32『メディック!』【第6章】 6-4 ナオ×美夏 セラピスト

第6章 ナオ×美夏 セラピスト 6-4 前回のお話を読む(#31第6章 6-3へ)第6章をまとめて読むはじめから読む(プロローグへ) *  その夜。 美夏が風呂からあがると、氷水が用意されていた。 「そういえば、パイロット目指してるんだよね。さっきは墜落とかいってごめんね」  美夏はナオがそんなことまで気にしてくれたのかと驚いた。 勇登に連れられてここに来たときは、歓迎されてない気がして少し怖かったが、本当は優し人なんだ、と美夏は思った。 「いえ、大丈夫です。小学生の頃私が、墜落が怖い、っていったら志島君 ...

ReadMore

小説『メディック!』

#29『メディック!』【第6章】 6-1 ナオ×美夏 セラピスト

2021年11月3日

第6章 ナオ×美夏 セラピスト 6-1

前回のお話を読む(#28第5章 5-7へ)
第6章をまとめて読む
はじめから読む(プロローグへ)


第6章 ナオ×美夏 セラピスト


 待ちに待った夏季休暇がやってきた。

 訓練終了後、皆がいそいそと帰省支度をするのを、勇登はベッドの上に座って見ていた。

 同期で唯一の妻子持ちの剣山は、ここに来てからずっと家族に会いたがっていた。卒業して次の赴任先が決まったら、また家族と暮らす予定だと話してくれた。そして、一番に居室を出て家族のもとへ帰っていった。

 吉海はどうやら同じ基地内の第5術科学校の英語村に彼女がいるらしく、その子と過ごすといって上機嫌だった。

 ジョンは行動計画書では実家に帰るとなっていたが、ベッドの上でゴロゴロしていた。

 宗次は明日の飛行機で福岡に帰るというので、勇登は自分の実家に一晩泊まることを提案していた。やはり宗次も基地内ではリフレッシュできないのか、喜んでその話に乗った。


 勇登は誰もいない家のドアを開けた。猫のニャーは勇登が入隊してからは母、由良と暮らしている。由良は休暇が合わず今回は帰らないといっていた。
 勇登は宗次をリビングに通すと、適当に座るようにいった。
 宗次はリビングの隣の畳の部屋にある仏壇に気がついて、手を合わせたいといった。宗次は父の遺影をじっと見ていたが、勇登はただ「父親の写真だ」といった。


 その後、勇登と宗次は早速コンビニで調達したさきいかとビールを開けて乾杯した。宗次は期別的には勇登の先輩だが、同い年ということもあり、この数カ月で本当に仲良くなっていた。二人で訓練、同期、教官の話、これまであったこと、だらだらとそんな話をして夜遅くまで盛り上がった。

 翌朝、宗次を送り出そうと勇登が玄関で準備していると、チャイムが鳴った。誰かと思いながら扉を開けて、勇登は面食らった。

「おはよう」

 そこには満面の笑みを浮かべた飯塚美夏が立っていた。 

 つづく


※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、組織、名称とは一切関係ありません。

メディック!を最初から読む 

目次を見る

『メディック!』自衛隊専門用語集

『メディック!』登場人物紹介

-小説『メディック!』
-, , ,

© 2021 和泉りょう香