小説『メディック!』

#44『メディック!』【第8章】 8-8 (俺×オレ)+(ジョン×五郎) 限界の先にいた仲間 

2022年3月2日

第8章 (俺×オレ)+(ジョン×五郎) 限界の先にいた仲間 8-8

前回のお話を読む(#43 第8章 8-7へ)
第8章をまとめて読む
はじめから読む(プロローグへ)


 山岳実習を無事終え帰隊した五郎は、一人ふらりと屋外の喫煙場所にきた。

 ――最近、ちょっと吸い過ぎか? 

 ふと、昔宴会の席で「煙草は体に悪いからやめたほうがいい」と、整備の同期にいわれたことを思い出した。俺が、年に数本だけだよ、といおうとすると、近くに座っていた亜希央が「人には、そうなるに至った歴史があるんです!」といい返してくれたことがあった。その真剣な顔に俺は吹き出してしまって、結局は俺が怒られた。

 五郎はそんなことを思い出しながら、煙草に火をつけた。煙草を垂直に立てると、煙はオレンジ色の空に吸い込まれるようにのぼっていった。今日の飛行場地区は夕日で染まって美しい。
 
 五郎は半分ほどになった煙草を、口にくわえた。

 煙草の煙は、自分の中にある「何か」によくまとわりついて心地いい――。


 救難員の学生時代、俺とあいつは煙草を吸っていた。あいつは俺に、禁煙勝負を持ち掛けてきた。俺はすぐに乗った。ルールは簡単、先に煙草を吸ってしまったほうが負け。どちらも譲らす、俺たちは卒業を迎え離れ離れになった。
 そして、十数年後同じ部隊になった。お互い勝負はまだ続いているとすぐにわかった。あいつのことだ、離れていた間にこっそり吸った、なんてことはなかったと思う。
 しかし、あの日雪交じりの冷たい雨を見ながら、あいつは急に「煙草すいたいなぁ」と呟いた。久しぶりの単身赴任でさみしかったのかもしれない。
 ただ、俺もその気持ちは痛いほどわかった。禁煙に成功したものの、時々無性に吸いたくなった。たが、あいつを思い出して、我慢した。俺が「吸ってもいいんだぜ」というと、あいつは「冗談だよ」といってニヤリと笑った。

 その日の夕方、俺たちはヘリに乗って出動した。
 あいつがヘリから降下するとき、俺が「戻ったら一緒に吸おうぜ」というと、あいつは満面の笑みを見せた。本当に一緒に吸うつもりだった。

 けど、あいつは二度と煙草が吸えなくなった。

 それから、俺はあいつと話がしたいとき、煙草を吸うようになった。だから、勝負は俺の負けだ。
 優秀なあいつにおれは勝てたためしがない。だから、これでいい。


 五郎は煙を吐き出すと、それを見ながら思った。

 人はどうして、身体に悪いこれをやめられないのだろう。
 いや、違う、むしろ、
 身体に悪いと知っているから、やめられないのだ――。

 五郎は煙を肺に吸い込んだまま、火のついたそれを、ぐいと灰皿に押し付けた。

 この毒が、心の中にある「罪悪感」を、麻痺させてくれるからだ――。

「たまには外で撮りましょう!」
 山岳実習から戻った夜、吉海が元気にいった。

 ついに写真撮影も6枚目に突入し、恒例行事となった。勇登も乗り気で作戦会議に参加した。
 会議の結果、前回の訓練で勇登が川に落ちたので、川つながりで撮影場所は基地内の橋の上となった。
 教官にばれないように、撮影は人通りの少ない日曜日の早朝に決行することとなった。服装は夏制服。事前にフォーメーションを確認し、素早く上衣を脱ぐ訓練も行った。

 決行当日は、何事もないように橋を通過し、さっと脱いで直ぐに撮って、その後はダッシュで帰ってきた。居室に着いてから、写真を確認すると、もう誰が誰かわからなくほど、みんな真っ黒だった。

 そのせいかもしれないが、全員の顔つきが少し凛々しくなっていた。勇登はそんな自分の姿を、少し誇らしく思った。


 第9章へつづく


※この物語はフィクションです。実在の人物、団体、組織、名称とは一切関係ありません。

メディック!を最初から読む 

目次を見る

『メディック!』自衛隊専門用語集

『メディック!』登場人物紹介

-小説『メディック!』
-, , ,

© 2022 和泉りょう香